レクサス「LX570 S」がオーストラリアにて発売スタート。圧巻のメッシュグリル装備で約1,350万円から

F SPORT風の最上位SUVモデルが販売スタート!

トヨタの上位ブランド・レクサスが、オーストラリア市場をターゲットとしたフラッグシップスポーツSUVモデル「LX570 S」を販売スタートしました。

この個体は、従来「LX570」に装着されるフラットバー式のスピンドルグリルからF SPORTグレード等に適用されるメッシュタイプのグリルに移植し、アグレッシブなボディキットや21インチの大口径合金ホイール、フロントパフォーマンスダンパー、セミアニリンレザーアクセントトリム、アルミペダルといった、まさにF SPORT仕様に仕上げられたトップグレードモデルとなります。

スポンサーリンク

早速「LX570 S」を見ていこう

 

ザッと外観を見ていくと、スポーツシャープなフロントやリヤバンパースカート、グロスブラック仕上げとなる21インチ鍛造合金ホイール、そして独特ともいえるL字を幾重にも重ねたメッシュグリルパターンが圧倒的なインパクトを与えていますね。
リヤには、特別な「LX」を示す「LX570 S」のバッジも貼付されています。

日本では、こういったメッシュグリルを標準装備した「LX」は市販化されていないものの、ディーラオプションにて、TRDフロントグリルパーツがラインナップされています。
過去に、友人も”まさにこの仕様”にて「LX570」をオーダーし、納車式のときにその圧倒的ともいえる存在感を目の当たりにしました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

インテリアも見ていこう

なお、インテリアはセミアニリン製のブラックもしくはガーネットの本革シートを提供。
インストルパネルには、「LX570 S」専用の縞杢デザインもラインナップしています。
その他には、アラウンドビューモニタや10個のエアバッグ、バックカメラ、ステアリングヒーター、4ゾーン空調コントロールエアコン、フロント&セカンドシートベンチレーション・ヒーター、衛星ナビゲーション付の12.3インチインフォテイメントシステムが提供されます。
また、ボディ剛性やステアリングの安定性を向上させるために、フロントパフォーマンスダンパーも標準装備されているみたいですね。

安全機能においては、Lexus Safety System+と呼ばれる「歩行者検知システム/レーダークルーズコントロール/車線逸脱警報システム/アダプティブハイビームシステム/ヘッドアップディスプレイ/ブラインドスポットモニター/リヤクロストラフィックアラート」が標準装備されています。

「LX570 S」のパワートレインですが、これは従来「LX570」と同様に排気量5.7L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力367ps/最大トルク530Nmを発揮します。
価格は約1,350万円からとなりますが、ほとんどのオプションが標準装備されているので、ここからの追加オプションがあったとしても+50万程度ではないかと思われます。

☆★☆「LX570」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタ「ランドクルーザー」に新グレード”GXR”が登場か。レクサス「LX570」には過激なブラック・エディションSも(2018/8/7投稿)
意外と安い?アメリカでのレクサス「LX570」の価格は950万円から、それじゃ日本は?(2018/3/25投稿)
レクサス「LX570」を見積もりしました。総支払額1,180万円、3年残価66%で月々の支払いは?(2017/10/16投稿)
レクサス「LX570」の2列シートタイプを見てきた。「デカイ・広い・ゴツイ」フラッグシップSUV【動画有】(2017/9/17投稿)
パワフルかつ繊細さが持ち味のフラッグシップSUV。レクサス「LX570」に試乗する(2017/1/23投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう