これで3度目。ハイブリッドシステムに不具合があるとしてトヨタ「プリウス」に約125万台のリコール

「プリウス」に3度目のリコール発令

自動車ニュースサイト・Responseより、トヨタ「プリウス」にリコール。
リコールの内容としては、ハイブリッドシステムに不具合があるとして、ハイブリッドシステムにおいて、異常判定時の制御プログラムが不適切なために、急加速時等の高負荷走行中に昇圧回路の素子が損傷した場合、フェールセーフモードに移行すべきところ、移行できないことがあるとのこと。
そのため、警告灯が点灯しハイブリッドシステムが停止して、走行不能となるおそれがあるとして、リコールを発令。

スポンサーリンク

台数は致命的ともいえる約125万台

リコールの対象となるのは、2009年3月23日~2014年11月12日に製造された「プリウス」の1車種で、1,249,662台がリコールとなります。

改善措置として、全車両、制御ソフトを対策仕様に修正する。制御ソフト修正後に素子が損傷して警告灯が点灯した場合は、電力変換器(DC-ACインバータ)のモジュールを無償交換する、リコール作業を行うとのこと(不具合0件・事故0件)。

なお、今回のリコールにてトヨタでは2014年2月に「プリウス」のハイブリッドシステムに起因する不具合が308件発生したため、997,000台を対象にリコールを提出。
その後、2015年7月に「プリウスα」とダイハツ「メビウス」にも同様の不具合が78件も発生したとして、342,401台を追加リコール。
そして今回、改善措置に一部不備があったとして、その内容を修正して3度目のリコールを提出しています。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

ベントレー「ベンテイガ」にリコール。エアバッグの警告ラベルの基準が古いままなの貼り替えが必要(2018/9/28投稿)
ホンダ「フリード」やトヨタ「ハイエース」に約15万台の大規模リコール。タカタ製エアバッグ・ディーゼルモデル排ガス不具合等(2018/9/27投稿)
メルセデスベンツにリコール3連発。オイル漏れや火災発生等、9月だけで合計5件も発生(2018/9/15投稿)
メルセデスベンツ「V220d」やAMG「C43」にリコール。エアバッグや排ガス、差圧センサに不具合アリ(2018/9/14投稿)
スバル「レガシィ」に12万台超えの大規模リコール。低速走行時に電動パーキングブレーキ作動で事故る恐れ有り(2018/9/13投稿)
ホンダ「NSX」にリコール。ハイマウントストップランプと燃料タンク不具合のダブルパンチ(2018/9/7投稿)
アウディ「Q3/A6」等にリコール。排ガス基準値を満たさない&スピードメータ消える?!(2018/9/6投稿)
トヨタ「プリウス/C-HR」やレクサス「LC500h」にリコール。対象台数はトータル55万台超えに(2018/9/5投稿)
BMW「3シリーズ」等のディーゼルモデルが約4万台の大規模リコール。韓国同様に火災発生の恐れあり(2018/9/1投稿)
VW「ゴルフ/ビートル」含む16車種3万台以上にリコール。エンジンスイッチ不具合でケガの恐れ有り(2018/8/31投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう