トヨタ・新型「スープラ」のパーツリストがリーク。グレードや細部のデザインまでほぼ明らかに

遂に新型「スープラ」が丸裸に

既に欧州では事前オーダーが開始しており、2019年1月のデトロイトモーターショー2019にて正式に量産モデルが登場することが確定したトヨタ・新型「スープラ」ですが、この個体のパーツダイアグラムの完全なるリストがオンラインサイト上にてリークしてしまい、グレードはもちろんのこと、各種パーツの細部のほとんどが明確になってしまいました。

スポンサーリンク

「スープラ」は3つのグレードが登場する

これはスープラMKVフォーラムによって発見されたもので、新型「スープラ」は3つの異なるパワートレイン”スープラ20i/スープラ30i/スープラ40i”とBMWと同じグレード順に区分されることがわかっています。
特にエントリーグレードの”スープラ20i”は、共同開発にて進められているBMWから供給される”B48D”と呼ばれるエンジンが装備され(”スープラ30i=B46D”/”スープラ40i=B58C”)、ステアリング配置も左右の何れかにて選択することが可能となっています。

エンジンの詳細については限られていますが、エントリーモデルの”スープラ20i”に搭載される”B48D”は、排気量2.0L 直列4気筒エンジン(最高出力262hp)が考えられ、中間グレードの”スープラ30i”に搭載される”B46D”は欧州とアメリカにて販売、そして最後の最上位グレードとなり”スープラ40i”は、”B58C”と呼ばれる排気量3.0L 直列6気筒エンジンが搭載されます。

各種パーツ類を見ていこう

続いては、各種パーツ内容についてですが、エンブレムについては前世代のと同じバッジが使用されることがわかっています。

こちらはヘッドライト
かなり精細ともいえる六眼式LEDヘッドライトを採用するみたいですね。
ウィンカーは更に内側のユニットが使用される?

こちらはリヤテールランプ
これまで目撃されてきた開発車両同様に、特徴的なリヤテールハウジングが搭載されることがわかっています。

こちらはインテリアのメータ類ですね。
完全なデジタルゲージクラスターとなっています。

こちらは3スポーク式のステアリングホイール

こちらはスポーツシートですね。
新型「スープラ」では、シート材質がファブリック・レザー・アルカンターラの中から選択することが可能と聞いたことがありますが、実際のところは不明。

こちらは電動シート用のユニットとなりますが、恐らくグレードによってボタンの種類も異なってくるのだと思います。

こちらはダッシュボード周り
てっきりBMW「Z4」と全く同じレイアウトになってくるのかと思っていましたが、大型インフォテイメントディスプレイが配置されていないことを見ると、さすがにこの辺りは共通化していないみたいですね。

こちらはセンターコンソール関係ですが、やっぱりセンターシフトはBMWのパーツを上手いこと流用していますね。
今回のダイアグラムからも、新型「スープラ」には、マニュアルトランスミッションがラインナップされていないことが改めて確認されています。

いよいよ新型「スープラ」の開発も終盤に差し掛かっていることかと思いますが、これだけデザインが揃っていながら、これ以上は市販化を後延ばしにすることはできない状況になっています。
BMW「Z4」同様にファーストエディションが登場する可能性も秘めている新型「スープラ」、一体どのようなデザインと価格帯で攻めてくるのか非常に楽しみですね。

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタ・新型「スープラ」が1月にデトロイトモーターショー2019にて正式公開。既に事前予約も受付済み【動画有】(2018/10/2投稿)
あなたはどの色が好み?ほぼ市販化レベルとなるクールなトヨタ「スープラ」の完成イメージ・レンダリングが公開(2018/9/26投稿)
トヨタ幹部「新型スープラにはマニュアル(MT)の可能性がある。もしかしたらロードスターも…」→当初と言ってることがめちゃくちゃに(2018/9/24投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のこぼれ話。当初はミドシップエンジンで検討し豊田社長に提案するも即ボツに(2018/9/22投稿)
「スープラ/Z4」を共同開発するトヨタとBMW。2014年以降全く交流・コミュニケーションをとっていないことが判明(2018/9/22投稿)

Reference:CARSCOOPS, motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう