世界限定10台のみ販売のアポロ「IE」のプロトタイプモデルがもう一台登場。サーキット場にて耐久テストを実施

アポロ「IE」が新たに1台登場

アポロが世界限定10台のみ販売するノンハイブリッドスーパーカー「IE(Intensa Emozione)」ですが、この個体の生産が若干遅れているとのこと。
2017年に公道にて登場して以降、各国様々なところで目撃され、その常軌を逸したスタイリングとデザインは、まさに公道を走るエイリアン専用の宇宙船のような乗り物で、フェラーリやランボルギーニを圧倒したデザイン力が大きく注目されてきました。

スポンサーリンク

最終調整に向けてHWA AG社と連携

これまで目撃されてきた個体は、ドラゴンパープルと呼ばれる特殊なボディカラーの個体でしたが、今回新たにホワイトカラーのプロトタイプモデルが登場し、サーキット場での耐久テストが実施されています。

アポロは、今年の初めにメルセデスベンツ「CLK GTR」も手掛けたHWA AGとパートナーシップを締結し、最終仕上げ段階に向けて本格的に共同にて完成させる姿勢を見せています。
アポロの代表を務めるノーマン・チョイ氏によれば、「今回のテストにて進歩したこととして、技術パートナーであるHWA AGとの共同開発によるもう一つのダイナミックな開発に非常に満足していることだ。このプログラムは最高レベルにて稼働しており、生産開始前のロードトラックとユースケースの両方にて車を徹底的にテストしている」と説明しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

改めて「IE」のスペックを確認しておこう

アポロ「IE」は、フェラーリ「F12ベルリネッタ」にも搭載される排気量6.3L V型12気筒自然吸気エンジンを採用しており、最高出力780hp/最大トルク759Nmを発揮するノンハイブリッドハイパワーモデル。
ボディやシャシーにはカーボンファイバを多用することで車体重量を1,250kgにまで絞り込んでいます。
しかも、今回登場しているホワイトの「IE」は、レーシング専用モデルとのことで、更に空力特性を向上させ、最高時速も333km/hにまで到達するとのこと。

今回の耐久テストでは、来年からの生産に先立って実施される重要なエンジニアリング詳細を分析したものとのことで、今後、数か月のうちにこれらの最先端の開発についても明らかにしていくとのこと。
来年から生産・出荷予定の「IE」は、世界限定10台のみ販売し、車両本体価格は約3億円にも上ります。

☆★☆アポロ「IE」関連記事5選はコチラ!☆★☆

あのリチャード・ハモンド氏が美しい女性ユーチューバーとアポロ「IE」をレビュー。ちなみにあのカスタムマフラだけで760万円【動画有】(2018/8/26投稿)
アポロ「IE」でロンドンの街中を走ってみた。その姿は神秘的で、誰もが振りむき、とにかく写メの嵐に【動画有】(2018/8/5投稿)
アポロ「IE」には過激オプション有り?1,000馬力&11,000rpmまで引上げるクレイジーオプションが存在する模様(2018/7/29投稿)
アポロが他社スーパーカーを批判「どの車も運転が楽過ぎだ。IEは運転が難しくスキルが必要。怖くて楽しい車を作ることが私達の仕事だ」(2018/7/12投稿)
アポロ「IE」を洗車する動画。まずは洗車スペースに向かうために敷板が必須だった件【動画有】(2018/6/21投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう