この調査は一体…イギリスにて、最も迷惑な運転を行っているのがBMWの24%、ライバルのアウディやメルセデスベンツは10%未満という記録に

BMWのドライバはとにかくイメージが悪い?

イギリスの保険比較サイト・GoCompareのキャンペーン調査にて、2,000人のユーザを対象に、「イギリスにて最も迷惑な運転をするドライバの車(ブランド)は何?」というアンケート調査の結果、1位にBMWのドライバ(24%)がランクインしたことがわかりました。

スポンサーリンク

明確な調査基準が不明のため、「迷惑運転=BMW」と決めつけるのはちょっと違う

何とも不名誉且つどういった基準を以て”迷惑”と判断したのか(必要以上の煽り運転?スピーカを使った騒音?マナー違反等…)、明確な内容が何も定められていない調査結果ではありますが、恐らくアンケートを受けた人々は、直観的に迷惑と感じたときに思い出した車両、もしくはそのブランドのイメージだけで回答した可能性が高いため、この調査結果に相当な信憑性がある、とは言えないのが残念なところ。

しかし、反対に言えば世間一般のイメージからして「BMWのドライバは迷惑な運転が多い」ということが定着しているというのも、ちょっと残念なことではありますね。
なお、イギリス地域によってその回答内容はバラバラなのはもちろんですが、そのなかでもイギリス全体の調査ではBMWがトータル24%、北アイルランドでは35%、イーストミッドランドでは31.2%と圧倒的であったことも発覚しています。

BMW以外にもランクインしたブランドは下記の通りとなっていますが、なかには、車種が特定されているブランドもあることを考えると、恐らく車種が明らかになっているのは「実際にアンケート受けた人物が迷惑行為を受けた」、「その現場を目撃した」、もしくは「車種をある程度知っていた」ということが挙げられる一方、ブランド名だけを挙げているのは、「車種が明確ではないが多分あのブランド」ということに加えて「世間的なイメージ」というのも、ある程度含まれているのかもしれません。

1位:BMW・・・24%
2位:フォード「トランジット」・・・21.8%
3位:ブラック・キャブ・・・14.1%
4位:アウディ・・・9%
5位:フェラーリ・・・6.3%
6位:ポルシェ・・・5.7%
7位:スバル・・・4.2%
8位:メルセデスベンツ・・・4.1%
9位:フォルクスワーゲン「ゴルフ」・・・2.9%
10位:ボクスホール「アストラ」・・・2.5%
11位:トヨタ「プリウス」・・・2.1%
12位:フォード「フォーカス」・・・1.9%
13位:レクサス・・・1.5%

☆★☆関連記事4選はコチラ!☆★☆

ちょっと面白い調査。ドライバが駐車場で”空きスペース”を探す時間は年間107時間、ガソリン代にして約4万円という統計に(2018/8/19投稿)
これは意外。車デートの実態調査にて20代の8割が車デートを希望、各世代スポーツカーでのデート希望も多い模様(2017/12/14投稿)
シトロエンが「車内にて過ごす時間」を調査。日本人は一生の内車内で過ごす時間は「約2年半」【動画有】(2017/8/9投稿)
アメリカ自動車耐久品質調査にてレクサスとポルシェが同率トップ。レクサスは6年連続でトップだ(2017/2/24投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう