トップカーが早くもランボルギーニ「ウルス」専用キットを公開。ミリタリー風グリーンカーボン採用の激渋スポーツSUVに

多分一番乗り?カスタムされたランボルギーニ「ウルス」が初公開

ロシアの名門チューナー・トップカー(TopCar)が、ランボルギーニの最新SSUVモデル「ウルス」を、どこよりも早く専用ボディキットを世界初公開しました。

今回トップカーが発表したのは、フロントフード全体をカーボンファイバ製に再設計し、ボディカラーも含めてミリタリー風のグリーンカラーを採用することで、より引き締まりと渋さを加味したSUVへと変化しています。
しかも、トップカーはこのミリタリー風グリーンをカーボンファイバ製フロントフードにも塗装するという拘りをみせており、加えてフード内部にはカーボンケブラーも採用しているとのこと。

スポンサーリンク

カーボンは下周りにも容赦なく使用

その他においても、フロントアンダースポイラーやサイドスカート、リヤディフューザー、フェンダーモールアーチ、フロントフェンダーダクト、リヤトランクスポイラーといった各種ブラックパーツが採用されるようなところは、全てカーボンファイバ素材を活用することで、軽量化と空力特性を向上させているとのこと(もちろん、その見た目のインパクトも相当に強烈)。

かなり見えづらいですが、リヤトランクセンターにはトップカーのロゴでもあるサメのエンブレムが貼付されていることが確認できます。
このロゴ貼付の有無は、ユーザーの好みに合わせて貼付しないことも可能ですが、個人的にはフロントに闘牛のランボルギーニエンブレム、リヤにはトップカーのシャークエンブレムというのは中々にユーモアが有って好み。

なお、この専用ボディキットは来週中にリリースする予定で、その費用は約65万円とリーズナブルな価格にみえるかもしれませんが、これはあくまでもポン付け用のカーボンファイバ製エアロキットだけの価格帯なので、フロントフードやボディペイントはまた別途費用が発生するとのことです。

☆★☆トップカー関連記事5選はコチラ!☆★☆

トップカーがメルセデスベンツAMG「GLC63クーペ」にインフェルノボディキットを装備。黒いところはほぼカーボンのヤバい奴(2018/9/23投稿)
高級車一台分。トップカーがポルシェ「パナメーラGTR・カーボンエディション」を発表(2018/4/23投稿)
パープル&カーボンのヤバい奴。トップカーがメルセデスベンツAMG「GLE63S」キットを公開(2018/4/17投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」並の750馬力を発揮。トップカーがポルシェ「911ターボS」を過激カスタム(2018/4/15投稿)
トップカーがメルセデスベンツ「GLCクーペ」専用インフェルノボディキットを公開。ブルーを活かしたスポーツSUV(2018/4/8投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう