BMWの開発責任者はどうやら本気でスーパーカーを作りたいらしい。しかも「i8」ベースで600馬力発生

「M1」の後継モデルが登場する?

BMWが唯一販売したスーパーカーモデル「M1」。
イタルデザイン・ジウジアーロによってデザインされた2ドアスポーツクーペモデルで、パワートレインは排気量3.5L 直列6気筒エンジンを搭載します。

今となってはかなり希少価値を持つ「M1」ですが、この個体に関してBMWグループの開発責任者であるクラウス・フロリッチ氏が、「i8」のカーボンファイバシャシーをベースにした最新スーパーカーの開発を検討していることが明らかとなりました。

スポンサーリンク

ベースはやっぱり「i8」+PHVモデル?

彼にとって、BMWにてスーパーカーを開発することは”男の夢”であるとして、「かならずこの夢を実現させたい」と強くコメントしていたとのこと。
具体的なスケジュールは明らかになっていませんが、上記の通り、「i8」のカーボンファイバシャシーをベースとしつつ、低排気量でありながらもプラグインハイブリッドエンジンを搭載することで、システム総出力は600hpを発揮するモデルになることが予想される、とのこと。

加えて車体重量は、2,000kgに到達することは無いものの、スーパーカー市場において車体重量が1,500kgを超えることは、馬力を桁違いに上げない限りは生き残ることは難しいように思われ、恐らくBMWもこの辺りの要点はかなり注視しているのではないかと思われます。

ただ、そういったパフォーマンスの向上を図れば図るほどに、コストのウェイトが伸し掛かることは必然で、利益を重視するBMWの経営方針とは明らかに異なる方向に進んでいることは明白。
BMW Mのボスでもあるフランク・ヴァン・ミーエル氏も、以前に「M1」以来のスーパースポーツモデルを「作る必要性を感じない、っていうか興味無いし…」と強く否定していたため、まずはこの局面をどのように打破するのかが肝心なポイントになるのでは?と思ったりしますね。

☆★☆BMW「M1」関連記事5選はコチラ!☆★☆

BMW Mのボス「M1の復活の可能性はほぼ”ゼロ”、なぜなら興味がない」(2017/9/16投稿)
BMW「M1」を壁掛けアートにする猛者が登場。2台の事故車を見事リサイクル【動画有】(2018/8/28投稿)
走行距離は約12,000km。37年間修復無し&程度抜群のBMW「M1」が9,800万円にて販売中(2018/5/20投稿)
【超希少】実はランボルギーニも開発に絡んでいた。BMW「M1 AHG Studie」が約1億円にて販売中(2018/4/6投稿)
超希少なBMW「M1」が中古市場にて登場。走行距離約13,000km、価格は約7,900万円にて販売中(2017/10/15投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう