ZOZOTOWNの前澤友作 CEOがアストンマーティン本社に訪問し、約3.5億円の「ヴァルキリー」を仕様決め。オプション決めのシーンも公開

遂にZOZO前澤氏が「ヴァルキリー」の仕様決めを完了

ブガッティ「シロン/ヴェイロン」やフェラーリ「エンツォ・フェラーリ」、パガーニ「ゾンダZOZO(現在修理中)」といった億超えのスーパースポーツモデルを多数所有し、更には今後、世界限定275台のみ販売のメルセデスベンツAMG「ONE」や、世界限定80台のみ販売のケーニグセグ「レゲーラ」もオーダー済みというZOZOTOWN 前澤友作CEOが、世界限定150台のみ販売されたアストンマーティンのV12ミドシップハイブリッドハイパーカー「ヴァルキリー」の仕様決めのため、アストンマーティンに本社に訪問したことを自身のインスタグラムにて報告しました。

スポンサーリンク

「ヴァルキリー」ってそんなにすごいの?

アストンマーティン「ヴァルキリー」の気になるパワートレインですが、これまで発表されてきたとおり排気量6.5L コスワース製V型12気筒自然吸気エンジンに加えて、クロアチアの新興メーカ・リマックの高性能電気モータを組合わせたハイブリッドシステム(アスピレーションロードエンジン)を搭載し、システム総出力は最低でも1,130hp(1,145ps)を発揮することがわかっています。

また「ヴァルキリー」は、どのモデルよりもバランス性能に優れた一台であるとして、前後重量比は1:1、そしてパワーウェイトレシオ比は0.90kg/ps以下とケーニグセグのアルティメットモデル「One:1」よりもぶっ飛んだパフォーマンスを発揮しています。

「ヴァルキリー」はマジ乗りにくいって!

こちらが実際に前澤氏が乗り込んだ「ヴァルキリー」の入口。
ドアは、カモメのように開くガルウィング・ドアを採用しており、メルセデスベンツAMG「SLS」やパガーニ「ウアイラ」と同じような開閉方式となります。
とりあえずこの画像を見て真っ先に思うのは、もはやサイドシルが低いとか高いとかそういった次元の話ではなく、完全に車ではなくF1やLMP1といったサーキット車両のスタイリングであること。

運転席・助手席の入口付近にあるサイドパネルはカーボンファイバパネルにて仕上げられているので、実際に車内に張り込む際は相当に気を使わないといけませんね、コレ。

仕様決めも半端無く大変やって!

こちらは実際の仕様決めの風景。
明らかにオプションのボリュームが異常に多いことがわかりますね。
画像を見る限り、もしかするとボディカラーはホワイトをベースにしているのかもしれません。

ちなみに、世界限定150台しか販売されない「ヴァルキリー」に、「月の岩を粉塵にし、その粉塵を塗料に含めたボディカラー」をオーダーしたと、インスタグラム(@Lamborghiniks)にて報告した猛者も登場。
そのオーナーは、パガーニ「ウアイラBC」やランボルギーニ「ヴェネーノ」、ケーニグセグ「アゲーラXS」等も所有する有名な大富豪で、ソーシャルメディアの前で月の岩を公開・粉砕して、特別なカラー”Karosserie Lunar Red”というレッド系の塗料に含有したとのことです。※Karosserieはドイツ語で「ボディ」、Lunarは「月」を意味。

そして最も気になるのは足元のホイール。
ホイール材質はアルミニウムなのか、鍛造なのか、それともカーボンファイバ製なのかは不明ですが、とにかく複雑な蜂の巣のようなメッシュデザインが選ばれていますね。
これが最終オーダーモデルなのかは不明ですが、一つ一つのパーツが異常にカッコいいところも、「ヴァルキリー」の素晴らしいところ。
ちなみに、オプションの総額だけでも最低5,000万円は行くとかいかないとか…

なお、「ヴァルキリー」の恐ろしいところはスペックだけに留まらず、購入権を得たVIPオーナー150人を対象に本格的な仕様決めとして、ボディカラーはもちろんのこと、シートカラーや材質、そしてシートの形状(これは3Dプリンタにてオーナーの体格を確認するため)、ダッシュボードのデザイン、ヘッドライナー、各種トリム、ディテールカラー、そしてそこにはホイールを含む車体パネルの「反射率」までも選択することが可能になっています。

これは恐らく、入射角に対する反射角との比率を可視光域の中で何%に相当するかを計算し、その中でユーザが求める鏡面度を可能な限り対応するというもので、こういった内容は今までに聞いたことが無く、「ヴァルキリー」でなければ実現できない究極のオプションではないかと思われますね。

 

View this post on Instagram

 

This is almost spaceship! #astonmartinvalkyrie

Yusaku Maezawa (MZ)さん(@yusaku2020)がシェアした投稿 –

☆★☆「ヴァルキリー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

アストンマーティン「ヴァルキリー」のV12サウンドが動画にて公開。もはやF1のようなクレイジー過ぎるサウンドだった件【動画有】(2018/10/4投稿)
アストンマーティン「ヴァルキリー」のエンジン出力は1,130馬力を超える?!ハイブリッド技術で1,200馬力は余裕で超えるかも(2018/10/2投稿)
まだ納車すらしていないアストンマーティン「ヴァルキリー」がまたまた転売へ。新車価格よりも3,000万円アップ(2018/9/19投稿)
アストンマーティン「ヴァルキリー」の量産仕様がいよいよ9月末に公開。バリエーションは3種類ラインナップ(2018/9/6投稿)
アストンマーティン「ヴァルキリー」は1,130馬力発揮することで確定。ちゃっかりその情報がツイートされていた模様(2018/8/22投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう