トヨタ・新型「スープラ」にGRグレード登場?謎のレーシング仕様の開発車両が登場

レーシングモデルの「スープラ」が目撃に?

既に2019年1月のデトロイトモーターショー2019での世界初公開が決定しているトヨタ・新型「スープラ」ですが、この個体のレーシング(GR)モデルと思わしき開発車両がブタペストにて目撃されています。
今回目撃されている個体は、「スープラ」の定番にもなっている独特のカモフラージュにて施され、足元にはOMPホイール、ボディにはカーボンファイバドアパネルといった、製品版では見られなかったポイントがいくつかありますね。

スポンサーリンク

明らかにスパルタンな仕上がりに

インテリアを見てみると、早速フルロールケージが確認できますし、内ドア側にはレッドのストラップも装備されています。

リヤデザインはかなりワイドなスタイリングで、マフラは両サイド一本だしのデュアルタイプ。
エンジンについては不明ですが、エントリーグレードの排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンの可能性は低く、どちらかというと最上位グレードの排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンの方が可能性は高いですね。

こちらはインテリア。
まだまだメカメカしい部分はありますが、レーシングモデルならではのスパルタンなアルカンターラ製ステアリングホイールや、ダッシュボード、簡素化された足元等、まさにレーシング仕様といっても良いぐらいですね。

メータパネルはこんな感じ。
恐らくフルデジタルディスプレイだと思いますが、走行モードに応じてメータデザインが変化するような仕組みがあるのかもしれません。
センターダッシュボードには、新型「Z4」同様に大型インフォテイメントディスプレイが搭載されていますね。

なお、この個体が登場する時期は今のところ不明で、来年1月のデトロイトモーターショー2019にて、新型「スープラ」と同じタイミングで登場するのか、それ以降なのかも全くわかっていません。
しかしながら、量産モデルの「スープラ」に関しては、既にイギリス市場にて先行予約が開始しており、2019年に割り当てられている300台分は既に完売済み。
ハードコアモデルも登場する可能性は限りなく高いと思いますが、恐らくこの個体も台数制限はあるでしょうし、間違いなく即完売→転売といったお決まりのパターンが出来上がることは間違いないでしょう。

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

イギリスにて、トヨタ・新型「スープラ」が2019年に割当てられる台数は僅か300台、予約金は約15万円→もちろん完売。一方でアメリカでは先行予約は未だ無し(2018/10/9投稿)
リークしたトヨタ・新型「スープラ」のパーツCGを組合わせた完成CGが遂に公開。これは間違いなくカッコいいぞ(2018/10/8投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のパーツリストがリーク。グレードや細部のデザインまでほぼ明らかに(2018/10/6投稿)
トヨタ・新型「スープラ」が1月にデトロイトモーターショー2019にて正式公開。既に事前予約も受付済み【動画有】(2018/10/2投稿)
あなたはどの色が好み?ほぼ市販化レベルとなるクールなトヨタ「スープラ」の完成イメージ・レンダリングが公開(2018/9/26投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう