レクサスの次世代「IS」の予想レンダリングが公開。鋭さが増し、デイタイムランニングライトは「UX/CT」共通に?

これが次期「IS」?

レクサスのコンパクトスポーツセダンとして登場し、現在で3代目となる「IS」ですが、次期4代目となる予想レンダリングが公開されています。

今回公開されているのは、自動車雑誌から引用されたもので、基本的にはオーバーホールされた外観に、レクサスを象徴するスピンドルグリルを大口化し、三眼LEDフロントヘッドライトとL字型デイタイムランニングライトのハウジングを独立にしていたものを、「UX/CT」と同様にフロントヘッドライトの真上(眉毛っぽい感じ)へと一体化させています。

画像を見る限りでは、フロントフェンダーに”F SPORT”グレードを示す”F”のバッジが貼付されていないので、グレードに関係なくフロントのスピンドルグリルはメッシュタイプへと共通化しているので、このあたりは「UX/CT/新型RC/LS」と同じなりそうですね。

スポンサーリンク

現行よりもゴリゴリ感満載

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプは現行とは大きく異なり、まさかの垂れ流しとなる逆L字を取り入れていますね。
恐らくリヤウィンカーは、逆L字下の余白部分が点滅(もしくは流れる?)すると予想。

他には、盛り上がったデッキライドやデュアルエキゾーストチップ付きのワイドバンパー、新しいフラットリフレクターも装備され、ゴリゴリ感がハンパ無いですね、うん。

サイズ感はワイド感に、エンジンは変わらずの可能性大?

サイズ感としては、全長4,700mm×全幅1,820mm×全高1,420mm、ホイールベース2,850mmと、全体的にロング化されワイド&ローに変化すると予想されており、車体重量は直4ターボエンジン搭載モデルであれば変わらずの1,580kgになると考えられています。

エンジンラインナップは、これまでと変わらずの排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載する「IS300」、排気量2.4L 直列4気筒エンジン+電気モータを搭載のハイブリッドモデルの「IS300h」、そして最上位グレードとなる排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジンを搭載する「IS350」になると思われます。
もちろん、上に加えてハイパフォーマンスモデルの「IS F」もラインナップすることが期待されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう