かなり珍しい。世界限定20台のみ、”ブルー・ケフィウス”のランボルギーニ「チェンテナリオ」が販売中

何とも珍しい「チェンテナリオ」が販売中

ランボルギーニディーラの中でも圧倒的に売上げの高いランボルギーニ・マイアミにて、世界限定20台のみ販売された「チェンテナリオLP770-4・クーペ」が中古車両として販売されています。
今回中古車として販売されている「チェンテナリオ」は、2016年式のモデルでブルー・ケフィウスと呼ばれるボディカラーに、アンダーのカーボンパーツ周りにはブルーのディテール・アクセント、インテリアはブラック&ブルーのバイカラースポーツシートが設定されています。

スポンサーリンク

ところで、”ケフィウス”ってなに?

ランボルギーニのボディカラーといえば、ギリシャ神話や星座、最近では世界のサーキットの名が入ったボディカラーの名称が付けられることでも有名ですが、今回の「ブルー・ケフィウス」は、エチオピアの王様を指していて、その后がカシオペア、娘がアンドロメダと名付けられています。

ちなみに、よく”ビアンコ・フジ(ホワイト系)”や”ブルー・ルマン(ブルー系)”といったカラー名を聞くことがあるかと思いますが、実はこれらもちゃんとした意味があって、”ビアンコ・フジ”は”ビアンコ”がイタリア語で”ホワイト”、”フジ”が日本の富士スピードウェイが由来。
そしてもう一つの”ブルー”はイタリア語でそのままブルーで、”ルマン”はル・マン24時間サーキットが由来となっています。

なお、「チェンテナリオ」のパワートレインは排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力770ps/最大トルク690Nmを発揮します。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.8秒、最高時速は350km/h以上となっています。

☆★☆「チェンテナリオ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

ロンドンに世界限定20台のランボルギーニ「チェンテナリオ・ロードスター」が登場。しかも中古車市場にて約5.5億円にて販売中【動画有】(2018/10/9投稿)
中古車としても登場したランボルギーニ「チェンテナリオ」がオークションに登場。予想落札額はいくら?(2018/8/1投稿)
限定20台の希少モデル。ブラックのランボルギーニ「チェンテナリオ」が約3.7億円にて販売中(2018/7/1投稿)
日本に2台納車予定で、その内の1台となるランボルギーニ「チェンテナリオ・ロードスター」が遂に福岡ディーラに到着(2018/5/30投稿)
久々登場の奇抜過ぎるランボルギーニ「チェンテナリオ」。これでオール純正なのが驚き(2018/5/27投稿)

Reference:duPontregistry

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう