もちろん違法じゃないよ。ブガッティ「ヴェイロン」が、アウトバーンにて公道世界最速となる402.5km/hを記録【動画有】

2015年に合法的に世界最速記録が樹立されていた

ドイツ・オーストリア・スイスの自動車高速道路で、世界で唯一速度無制限区域(全区域が速度無制限ではない)が存在するアウトバーンにて、ブガッティ「ヴェイロン」が公道世界最速となる402.5km/hを記録していたことがわかりました。
この記録は、2015年に”正式且つ合法的に”樹立したもので、「ヴェイロン」を所有するラジム・パッセン(Radim Passer)氏が、早朝に誰も走行していないタイミングを見計らって行ったとのこと。

スポンサーリンク

記録樹立は決して簡単ではなく、約4年もかかった

ただ、この記録は決して容易に樹立されたものではなく、2011年から度重なるテスト走行を行った後に実現できたもので、早朝ならではの低すぎる気温のもとで行うと、タイヤやエンジンに大きく影響するとのことで、これらの条件を完全にクリアするには相当な時間と労力を使ったとオーナーは説明しています。

そしてもう一つ、この402.5km/hというとてつもない記録を生み出すまでに様々なトラブルもあったとのことで、トランスミッションを交換する必要があったということ。
このトランスミッションを交換するために、最低でも500万円の費用が発生していたと言います。
ブガッティ「ヴェイロン」は、タイヤ1本維持するのに約400~500万円、エンジンオイル交換するのに約230万円発生するとして、その異常なまでのランニングコストがかかることから、新車購入する前に必ずオーナーの年収や社会貢献度、そしてブガッティモデルを維持できるだけの財力を継続的に持っているかを審査することになるため、宝くじで10億円当たったとしても、絶対購入することができないわけですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

それだけ”お金のかかる”「ヴェイロン」を使って、自身の願望を叶えるために数千万円のお金と約4年という年月をかけて生み出された記録なわけですから、記録を樹立したときの歓びは計り知れないと思われます。

ただ、残念なことにこの公道最速記録はそう長くは維持されず、昨年11月にケーニグセグ「アゲーラRS」が公道を貸し切って、平均時速447km/hという記録が更新されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

【Bugatti Veyron – 402,5 km/h on autobahn】

☆★☆関連記事3選はコチラ!☆★☆

世界一のスピード違反者知ってる?日本人で違反速度は驚異の317km/h【動画有】(2017/9/4投稿)
君は知ってた?フェラーリ「F40」が日本の高速道路で時速300km/hを記録した伝説の動画【動画有】(2017/8/1投稿)
世界初のスピード違反車両が公開に。制限速度3km/hを13km/hで走行して罰金に(2017/9/18投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう