アポロ「IE(Intensa Emozione)」が遂に限定10台全て完売に。改めて「IE」のスペックとそのぶっ飛んだオプション内容を見てみよう

世界限定10台の「IE」がようやく完売

ドイツのスーパーカーメーカであるアポロ・オートモービルが、世界限定10台のみ製造すると発表した「IE(Intensa Emozione)」が、つい先日ようやく完売したとのこと。
「IE」は、車両本体価格が約3億円となりますが、この個体が10台も売れたということは単純に総売上げが30億円に到達したことになり、オプション価格も異常なまでに高額とも聞いているので、それを加味すると約35億円程に上るのではないかと思われます。

なお、具体的なオーナーは不明となっていますが、アメリカや中東・ドバイ、モナコ、ドイツのオーナーのもとへと納車されるとの情報を受けていますが、気になる日本については特に情報が無い為、もしかすると納車の可能性は限りなく低いかもしれません。

スポンサーリンク

改めて「IE」のスペックをおさらいしておこう

アポロ「IE」は、その過激なスタイルからも想像できる通り、電気モータを一切使用しないノンハイブリッドモデルで、フェラーリ「F12ベルリネッタ/F12tdf」にも採用の排気量6.3L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力780hp/最大トルク758Nmを発揮します。

パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.7秒と驚異的な加速力を発揮するとして、これだけの加速力が実現できるのは、車体重量1,250kgにまで絞り込まれているためだと考えられます(もちろん、その軽量化にはカーボンファイバ製バスタブシャシー、GT1レースカー由来となるカーボンパーツ(フロントサブフレームやリヤサブフレーム含む)を多く採用していることが大きく挙げられます)。

価格は先ほどの通り、約3億円と非常に高額ですが、やはりこれだけのスタイリングやデザイン、そしてサーキット以外ではフルに活かすことのできない異常なまでのパワーを持てば、ある意味納得のできる価格帯ではないかと思います。

オプション内容も充実でぶっ飛んでいるけどユニーク

ちなみに、「IE」のシート形状はオーナーひとりひとりの体格に合わせて3Dプリンタにて形状調整が可能で、エンジンベイに刻まれた顔の写真を撮影することができたり、ドアをカスタマイズすることも可能とのこと。
加えて、アポロは同車特別オプションとなるエンジンチューニングを施すことが可能であると説明していて、具体的には、元々搭載されるV12NAエンジンはそのままに、ECUセットアップ等によって最高出力780ps→1,000ps、回転数を9,000rpm→11,000rpmにまで一気に引き上げることが可能とのこと。

エンジン回転数をここまで過度に引き上げている車両といえば、排気量1.6L V型6気筒ツインターボのF1エンジン+高効率型ハイブリッドを搭載するメルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」ぐらいで、同車のレブリミットは11,000rpm、最大14,500rpmのとんでもなく高い高回転型となっているため、これに近いレベルのものを採用することになります(しかもアイドリング時では4,000rpm)。

ただし、このオプションはあくまでもエンジンのチューニングに特化したものになるため、トランスミッションは変わらずの6速シーケンシャルトランスミッションで、本質的な技術はメルセデスベンツAMG「CLK GTR」からの引継ぎとなります。
そして、このエンジンオプションを選択すれば、上記「プロジェクト・ワン」同様に5万km走行(もしくはそれよりも更に早く)した後にエンジンメンテナンスを実施する必要性が生じるかもしれないため、ある意味手のかかるジャジャ馬になるかもしれません。

そして最後が、リヤセンターにあるデルタ形状のエキゾーストシステム(マフラ)で、これはチタンエキゾーストチップが採用され、その価格は約760万円と超高額。
一応純正で”標準装備”らしいのですが、何故か760万円支払う必要があるみたいです。

☆★☆アポロ「IE」関連記事5選はコチラ!☆★☆

世界限定10台のみ販売のアポロ「IE」のプロトタイプモデルがもう一台登場。サーキット場にて耐久テストを実施(2018/10/6投稿)
あのリチャード・ハモンド氏が美しい女性ユーチューバーとアポロ「IE」をレビュー。ちなみにあのカスタムマフラだけで760万円【動画有】(2018/8/26投稿)
アポロ「IE」でロンドンの街中を走ってみた。その姿は神秘的で、誰もが振りむき、とにかく写メの嵐に【動画有】(2018/8/5投稿)
アポロ「IE」には過激オプション有り?1,000馬力&11,000rpmまで引上げるクレイジーオプションが存在する模様(2018/7/29投稿)
アポロが他社スーパーカーを批判「どの車も運転が楽過ぎだ。IEは運転が難しくスキルが必要。怖くて楽しい車を作ることが私達の仕事だ」(2018/7/12投稿)

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう