一体なぜ?約1,000万円もするBMW「X4 M40i」が約74万円にて販売中、但し…

約1,000万円の「X4 M40i」が約74万円で購入可能→なぜ?

BMWのミドルサイズクロスオーバーモデルで最高のパフォーマンスを発揮する「X4 M40i」が、インターネットオークションサイトCopartにて、何とも激安の約74万円にて販売中。

こちらの個体、本来であれば新車販売価格は約977万円と非常に高額なモデルとなりますが、それよりも10分の1以上安く購入できるというのは非常にありがたいことですね(でも、何か怪しい…)。
ところで、どうしてこんなに激安で購入することが可能なのでしょうか?

スポンサーリンク

それはフロントを見てみればわかる!

フロントから見てみるとこんな感じ。
色んな意味でショッキングな画像ではありますが、フロントエンドが見るも無残な状態となり、フロントヘッドライトは完全に外れ、フロントバンパーやフェンダー、フロントボンネットも傷だらけでボッコボコ。

フロント内部については不明ですが、ラジエータやコンデンサも損傷している可能性が高く、エンジンももしかすると一部ダメージを受けているかもしれませんね。

インテリアはそこまで大きなダメージを受けていないように感じられますが、フロント・カーテンエアバッグが展開されていることから、相当な衝撃をうけていたことは確かでしょう。
原因は不明ですが、もしかするとこの個体は、相当なオーバースピードにてガードレール等の対象物と衝突した可能性が高そうです。

リヤシートは特に大きな損傷は見られませんが、改めてこうしてみると、BMWの耐衝撃性の強さは相当に高いということが伺えます。

これって本当に買いなのか?

「X4 M40i」のパワートレインは、排気量3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力360ps/最大トルク500Nmを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.8秒ととんでもない加速力を発揮します。
足回りや走行性能、乗り心地も最適と言われるトップグレードの「X4 M40i」が激安価格にて購入できるのは何とも嬉しい話ですが、恐らくこの個体を購入直後に襲い掛かるパーツ代の修理費用は相当なものと思われ、そう考えると新車にて購入した方が安くなるのかもしれません。

☆★☆激安モデル・関連記事5選はコチラ!☆★☆

洪水被害を受けたフェラーリ「488スパイダー」が555万円にて販売中。自走可能、傷一つ無しのある意味極上品(2018/7/29投稿)
一体なぜ?走行距離僅か24kmの2019年モデル・シボレー「コルベット・グランスポーツ」が約230万円から販売中(2018/7/20投稿)
訳ありだけどお買い得。雹(ひょう)のダメージを受けたレクサス「LC500」が約120万円にて販売中(2018/5/20投稿)
これを買う人がいるのか?深刻なダメージを受けたレクサス「LC500」が約220万円にて販売中(2018/5/22投稿)
毎度恒例の激安シリーズ。今度はインフィニティ「Q50」が160万円から販売中(2018/2/27投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう