マツダの次期「アクセラ/マツダ3」の量産図面がリーク。イケイケな魁(KAI)コンセプト風に様変わり?

次期「アクセラ」は「魁コンセプト」風?

マツダの主要モデルともいえる「アクセラ/マツダ3」の次期デザインと思われる量産図面がリークしています。
フロントデザインを見る限りでは、昨年の東京モーターショー2017にて世界初公開されたコンセプト・ハッチバックモデル「魁(KAI)コンセプト」をベースとしたアグレッシブな顔つきとなっています。

折角なので、「魁コンセプト」も含めて確認していきましょう。
量産図面では、最新の「CX-5/CX-9」のようなSUVモデル同様にマツダの「魂動デザイン」の進化版を取り入れつつも、折り目とピンチパネルを取り除いたスムーズな側面を持ち、フロントヘッドライトやワイドなU字型のグリルは「魁コンセプト」のデザインを見事に取り入れています。

なお、プラットフォームについては、マツダとしては最新となるSKYACTIV-Vehicle Architectureを採用することで、はるかに優れた乗り心地を提供する予定となっています。

スポンサーリンク

リヤも「魁コンセプト」風

こちらはリヤデザイン。
フロント同様に、リヤテールランプが二眼式というところも思い切ったデザインではないかと思いますが、やはりこのあたりもコンセプトに寄せてきているのが確認できます。

「魁コンセプト」のリヤデザインは、どことなくアルファロメオのような丸っこい印象を受けるテールではありますが、今回のセダンタイプを見るとその印象とは大きく異なることが確認できてます。

インテリアは従来通りのレイアウトに?

コチラはインテリアの量産図面。
マツダらしいシンプルでクリーンなレイアウトをデザインしており、コンセプト同様にインストルメントパネルには、ホンダ「S2000」と似たような楕円形のような通気口と、センターダッシュボードにはワイドなディスプレイが搭載されていますね。

ちなみにこちらは「魁コンセプト」のインテリア。
ほとんどインテリアデザインは一緒ですが、ディスプレイはコンセプトらしいダッシュボードと一体型となる助手席までワイドに伸びたディスプレイとなっていますが、これはこれでかなり見づらいことは確かですし、量産デザインの方が実用的ですね。

エンジンは全く新しい「圧縮点火技術」を採用

さて、次期「アクセラ/マツダ3」に搭載されるエンジンについてですが、これは全く新しいSpark Controlled Compression Ignitionを搭載するSKYACTIV-Xガソリンエンジンを導入する予定で、ディーゼルエンジンとレギュラーガソリンエンジンの特性を組合わせた圧縮点火技術の応用となる革新的な4気筒エンジンになることが期待されています。
これはつまり、ディーゼルエンジンと同様の燃料、空気の混合物を発火させ、前者の燃焼効率とガソリンユニットのメリットを組合わせた、低排出ガスを実現したエンジンとなります。

具体的なパワートレインとしては、排気量2.0L 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力 約190hp/最大トルク 約230Nmを発揮することが予想され、これは排気量2.2LのSKYACTIV-Gのガソリンユニットよりも優れたパワーを持つことになり、更には燃費性能が少なくとも20%向上し、二酸化炭素排出量も25%削減されることが期待されています。

競合モデルも多数存在。「アクセラ」大丈夫?

なお、競合モデルとしては、シボレー「クルーズ」やフォード「フォーカス」、ホンダ「シビック」、現代自動車「エラントラ」、起亜「フォルテ」、日産「セントラ」、オペル「ボクスホール・アストラ」、ルノー「メガーヌ」とかなりのライバルが存在しています。

なお、次期「アクセラ/マツダ3」は、ハッチバックとセダン共に2019年前半ごろに世界的に販売予定で、来月11月のロサンゼルスオートショー2018にて世界初公開される予定となっています。

☆★☆「アクセラ/マツダ3」関連記事3選はコチラ!☆★☆

マツダの次世代ハッチバック「マツダ3/アクセラ」がLAオートショーにて発表予定。ライバルは「Aクラス/A3」とな?(2018/6/2投稿)
マツダ「魁(カイ)・コンセプト」がジュネーブにて登場。欧州モデルに負けぬ存在感(2018/3/8投稿)
マツダの新たなハッチバックモデル「カイ・コンセプト」が遂に公開(2017/10/25投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう