世界限定99台のアストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテ」が販売中。新車価格の2倍が定番なのにこの個体だけは…?

またもや「ヴァンキッシュ・ザガート」が中古車市場にて登場

2016年にイタリア・コモ湖でのConcorso d’Eleganza Villa d’Esteにて発表されたアストンマーティンとザガートのコラボ限定モデル「ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテ」が中古車市場・Romans Internationalにて販売中。

「ヴァンキッシュ・ザガート」には、「クーペ:99台」「ヴォランテ:99台」「スピードスター:28台」「シューティングブレーク:99台」の4車種がラインナップされており、合計で世界限定325台が製造されました。
その中で今回中古車市場に登場しているのは、世界限定99台のオープンモデル・ヴォランテとなりますが、この個体の新車販売価格は9,600万円と非常に高額となっています。

スポンサーリンク

今回の中古モデルも転売の対象?

しかしながら、やはりこれだけの希少なモデルということもあって、今年初めに既にレッドカラーの「ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテ」が転売され、約1.7億円と新車販売価格の約2倍にまで跳ね上がりました。
もちろん、ヴォランテに限らずクーペタイプも新車よりも2倍近い価格にて取引されており、転売サイクルから抜け出すことができていません。

今回中古車として登場したヴォランテも、「どうせまた高額で転売されたんでしょ?そうでしょ?」と思いきや、これに関しては中古車販売価格 約1億円とそこまで付加価値はついておらず、寧ろ新車価格にオプションや諸費用を付けたら、中古車価格よりも高いんじゃね?と言わんばかりのお買い得プライスにて設定されていますね(なぜここまで価値が下がっているかは不明)。

コンディションはほぼ完ぺきな一台

この個体は、全99台中92台目に製造されたモデルで、走行距離416kmと低走行でありながら、ボディカラーはセラミック・グレーと中々に渋いカラーが選択されています。

足元のホイールはブラックとシルバーのツートーンに塗装され、ブレーキキャリパはレッド、トップルーフはファブリック製でグレーが選択。

インテリアについては、オブシディアンブラックとクリームトリュフレザーの紳士的なバイカラーとなっていますね。
パワートレインは、排気量6.0L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力600psを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は3.7秒にて到達します。

☆★☆「ヴァンキッシュ・ザガート」関連記事5選はコチラ!☆★☆

1億円以上確実。アストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート」がeBayにて販売中(2018/4/15投稿)
これは珍しい。ドイツにて、世界限定99台のみのアストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート」が目撃される(2018/1/31投稿)
ロンドンにて、またもやアストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート」が転売。今度は約1.8億円だ(2018/1/5投稿)
これ大丈夫?納車してないアストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート」やフェラーリ「488GTO」を販売中(2017/12/26投稿)
世界限定99台のみ。イエローのアストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート」が中古市場に登場、価格はやはり1億円超え(2017/12/11投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう