【レンダリング】フェラーリ初のSUV「Purosangue」はこんなデザインに?当初想定していたコンセプトとは全く異なるスタイリングに

完全なるSUVルックのレンダリングが公開

フェラーリが計画する2018年~2022年までの製品ロードマップにて、初のSUVモデルとなる「Purosangue(プロサングエ)」がラインナップされることが明らかとなりましたが、この個体が市販化されたらどんなスタイリングで登場する?というレンダリングが公開されています。

スポンサーリンク

当初のコンセプトとなるグランツーリストもスタイルは完全消滅

今回公開されているレンダリングを作成したのは、デジタルアーティストでありインスタグラマーでもあるildar_pojectで、フェラーリ独特のセクシーなスタイリングやスポーティな雰囲気を表現していると説明していますが、実際には当初フェラーリが思い描いていたコンセプトデザインは大きくかけ離れた、ランボルギーニ「ウルス」に近いゴリゴリのSUVルックとなっています。

基本的なスタイルベースは「488GTB」だと思われ、円形のシングルテールランプやエアベントと同様の形状となるナンバープレートカットアウトが含まれています。
その他には、SUVルックに見せるために、ルーフスポイラーやシャークフィン、トライアングル・フューエル・フィラー・キャップ、ボディカラーと合わせたリヤディフューザー、クワッドエキゾーストシステム等、スポーツSUVを意味するアグレッシブパーツが組み合わさっています。

ちなみにこちらが、当初フェラーリが計画していたSUVルックの「F16X」。
SUVというよりかは、「FF(フェラーリ・フォー)/GTC4ルッソ」のようなグランツーリスモ風のスタイリングで、リヤドアはドアノブが全く見えない2ドア風のクーペSUV(フェラーリはFUVと呼んでいた)といった感じですね。

実際にこのデザインで登場するかは全くわかりませんが、そもそもフェラーリは少量生産を重要視するメーカで、ましてや台数を捌けるSUVを嫌い、「SUVなんか作るならCEOであるこの俺を打ち殺してくれ!」と強気な発言をするぐらいとにかくSUVの市販化を拒んでいました。
しかしながら、フェラーリも今や少量生産ブランドから大量生産を積極的に取り組み、ランボルギーニやマクラーレンをライバルとしながらも低価格で実用性を高めたハイブリッドSUVを販売する計画を発表しています。

自社製品に絶対なる自信を持ち、強気な姿勢を見せる昔ながらのフェラーリの姿は消え、売り上げと台数、利益、トレンドを重視としているフェラーリの変化は正直残念ではありますが、その一方でフェラーリを購入できるユーザーを増やし、顧客のために夢を与えやすくするメーカへと軌道修正しているのかもしれません(そのかわり希少性は一気に無くなりますが…)。

☆★☆フェラーリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

フェラーリ初のSUVモデル「Prosangue(プロサングエ)」のレンダリングが公開。スタイリング「812スーパーファスト」をジャッキアップした感じ?(2018/9/27投稿)
フェラーリより、最新ミドシップハイブリッドモデルが12月に発表へ。「ラ・フェラーリ」よりも速いモデルに(2018/9/22投稿)
フェラーリのIconaモデル「モンツァSP1/SP2」は合わせて世界限定500台→もちろん全て完売(2018/9/21投稿)
フェラーリの2018年~2022年の製品ロードマップが遂に初公開。60%以上がハイブリッドモデル、V6エンジン登場、「ラ・フェラーリ」の後継も(2018/9/19投稿)
フェラーリの最新SUVの名称は「Purosangue」で決定。イタリア語で「サラブレッド」、ハイブリッドも搭載だ!(2018/9/19投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう