テックアートがポルシェ「911(991.2)GT3RS」専用カーボンスポーツパッケージを公開。とりあえず黒いところはほとんどカーボン、もちろんお高いんでしょ~?

カーボンをフル活用した「911GT3RS」が公開

ポルシェを専門とするチューナーのテックアートが、ポルシェのハイパフォーマンスモデルでマイナーチェンジモデルでもある「911(991.2)GT3RS」専用のカーボンスポーツパッケージ(Carbon Sports Package)を世界初公開しました。
今回公開された専用パッケージ搭載のカスタムモデルは、カーボンをここぞとばかりに使用し、ボディカラーには何ともド派手なリザード・グリーンを採用しています。

スポンサーリンク

カーボンはグロス系やマット系から選択が可能

フロントフェイスには、一部「911GT2RS」にも採用のフロントエアダクトや軽量ドアパネルを取り入れ、オプションに応じてマット系やグロス系といったカーボンの種類が選択可能となり、更には半透明のクリアコートを使用したカラーマッチングも対応しているとのこと。
パワートレインはマイナーチェンジ後となる排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力520psを発揮します。

今回発表のカーボンスポーツパッケージの内容としては、エアロ・フロント・フードやルーフ・スポイラー、リヤウィング・パネル、リヤスポイラー・ウィングレット、NACAエアインテーク等は全てカーボンファイバを採用。

その他のフロントスポイラーやエアブレード、フロント・エア・アウトレットルーバー、サイド吸気トリム、サイドスカート、リヤ・リッド・カバー、スポーツデザインミラー、ウィンドウ・トライアングル、リヤディフューザー、リヤエプロン・シャフトパネルには、カーボンコーティングが施されているとのこと。

カーボンスポーツパッケージで有りながらも、パーツ単体にて販売

なお、これだけ豪華なカーボン仕上げとなるカーボンスポーツパッケージは、全てをセットした価格帯ではなく、パーツ単体での価格となります。
その一部としては、カーボンフロントフードが約87万円、フロントエアアウトレットが約19万円、フロントスポイラーが約36万円、リヤディフューザーが約21万円と、とにかく単価が高額になるため、約2,200万円の「911GT3RS」に今回の専用カスタムをフル装備すれば、もしかすると約1,000万円近くまでカーボンパーツ費用が発生するかもしれませんね。

☆★☆テックアート関連記事5選はコチラ!☆★☆

テックアートがポルシェ「911カレラT」をカスタム。+60馬力向上&コルベット風の4本出しマフラに(2018/8/3投稿)
ポルシェお得意のテックアートが、限定30セットの「911ターボS」専用キットを公開(2018/6/26投稿)
テックアートがポルシェ「パナメーラ・スポーツ・ツーリスモ」をカスタム。ジュネーブMSでも公開へ(2018/2/27投稿)
これは過激。テックアートがポルシェ「パナメーラ」をクロームラッピング&カスタム(2017/12/16投稿)
テックアートがポルシェ「718ボクスター/ケイマン」をカスタム。ノーズリフトシステムも搭載だ(2017/12/6投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう