ポルシェ「パナメーラGTS/GTSスポーツツーリスモ」が正式デビュー。価格は約1,400万円から

最新「パナメーラGTS」が遂にデビュー

ポルシェの4ドアスポーツクーペとグランツーリスモ(シューティングブレーク)モデルをラインナップする「パナメーラ」に、2019年モデルとなる最新型の「パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ」が正式デビューすることがわかりました。

スポンサーリンク

内燃機関オンリーながらより強力に

これらの個体のパワートレインは、共通して排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力460ps/最大トルク620Nmを発揮。
加えて、トランスミッションは8速PDK、駆動方式は四輪駆動(AWD)を採用し、パフォーマンスについてはいずれのモデルも同様に最高時速292km/h、0-100km/hの加速時間が4.1秒と驚異的な加速力を発揮します。

今回のモデルについては、アダプティブエアサスペンションが標準装備され、再度セットアップされたポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント・システムと、フロント390mm/リヤ365mmの大口径ディスクを備えた強力な制動システムをインストールします。

外観としては、ブラックアクセントのスポーツデザインパッケージを特徴とし、ブラックのGTSバッジと20インチの軽量合金ホイールを装備します。

インテリアにおいては、非常に控えめながらもブラックのアルカンターラとアルマイト処理されたアルミニウムのアクセント追加。
その他の変更点としては、スポーツ・クロノパッケージとアルカンターラにて覆われたスポーツステアリングホイールも採用。加えてカーミングレッドやクレヨンのアクセントを加えたインテリアGTSパッケージも提供予定で、機能性においては全く新しいカラーヘッドアップディスプレイも利用可能となっています。

今回発表された「パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ」は、アメリカでは2019年後半より販売スタートする予定で、それぞれ約1,430万円/1,500万円からの販売となります。

☆★☆「パナメーラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

ポルシェ「パナメーラ」がリコールで販売中止。リヤアクスルに不具合有り(2018/6/27投稿)
このゴリゴリ感が堪らない!マンソリーカスタムのポルシェ「パナメーラC-One」が公開(2018/5/16投稿)
高級車一台分。トップカーがポルシェ「パナメーラGTR・カーボンエディション」を発表(2018/4/23投稿)
テックアートがポルシェ「パナメーラ・スポーツ・ツーリスモ」をカスタム。ジュネーブMSでも公開へ(2018/2/27投稿)
これは過激。テックアートがポルシェ「パナメーラ」をクロームラッピング&カスタム(2017/12/16投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう