アストンマーティン「ヴァルキリー」の量産モデルはこれだ!ちなみに日本には”AMR Pro”含めて何台納車される?

量産モデルの「ヴァルキリー」は宇宙船並みにクレイジーだ

以前、ブガッティ「シロン/ヴェイロン」やフェラーリ「エンツォ・フェラーリ」、パガーニ「ゾンダZOZO(現在修理中)」といった億超えのスーパースポーツモデルを多数所有し、今後は世界限定275台のみ販売のメルセデスベンツAMG「ONE」や、世界限定80台のみ販売のケーニグセグ「レゲーラ」、そして世界限定150台のみ販売されたアストンマーティンのV12ミドシップハイブリッドハイパーカー「ヴァルキリー」の仕様決めも完了したZOZOTOWNの前澤友作 CEO。

実際に「ヴァルキリー」のプロトタイプモデルと、量産モデルの仕様決めを行ったシーンを示す写真をインスタグラムに報告していましたが、実際に仕様決めを行った画像を拡大したものが公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

一つ一つのデザインや形状が普通のクルマではない

上はコンフィギュレータによって作成されたものとなりますが、本当にこのボディカラーを選定したかは今のところ不明であるものの、ホワイト仕上げのカーボンボディに加えて、フロントクラムシェルにゴールドのストライプがはいった特別なデザインとなりますね。

ただ、それ以外のポイントにおいては、フロントの3ピースタイプのスプリッターや、F1スタイルのバージボード、かなり複雑なフロア、センターアクチュエータがあるようにも見えるルーフスクープとリヤスポイラーを装備するだけでなく、F1よりインスパイアされた抗力軽減システム(DRS)も搭載される可能性が高そうですね。
それ以外の点については、三角形状のヘッドライトやダブルスプリッタ、まるで蜂の巣のようなマルチスポーク合金ホイールも装着しています。

スペックももちろんクレイジーな「ヴァルキリー」

さて、アストンマーティン「ヴァルキリー」の気になるパワートレインについてですが、これまで発表されてきたとおり排気量6.5L コスワース製V型12気筒自然吸気エンジンに加えて、クロアチアの新興メーカ・リマックの高性能電気モータを組合わせたハイブリッドシステム(アスピレーションロードエンジン)を搭載し、システム総出力は最低でも1,130hp(1,145ps)を発揮することがわかっています。

また「ヴァルキリー」は、どのモデルよりもバランス性能に優れた一台であるとして、前後重量比は1:1、そしてパワーウェイトレシオ比は0.90kg/ps以下とケーニグセグのアルティメットモデル「One:1」よりもぶっ飛んだパフォーマンスを発揮しています。

ちなみに「ヴァルキリー」は日本に何台納車される?

さて、そんな気になる「ヴァルキリー」は世界限定150台のみ販売された超希少モデルで、先ほどの前澤 氏含めて日本には10台納車されます。
加えて、世界限定25台のみ販売された更にクレイジーともいえるレーシングモデルの「ヴァルキリーAMR Pro」は、日本に2台納車されることがわかっていますが、前澤 氏はこのレーシングモデルをオーダーしていませんし、その二人の内一人は「ヴァルカン」を所有し、もう一人は九州のオーナーとなっています(つまり、この二人のオーナーは「ヴァルキリー/ヴァルキリーAMR Pro」をオーダーしており、その総額は約9億円以上にもなる)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお、アストンマーティン側からは、オーナーに対して”転売目的で購入し、すぐに売却する(納車もしていないのに転売する)ような行為が見られた場合には、即座に予約・購入権等を取り消す”とも説明しているみたいです。

☆★☆「ヴァルキリー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

アストンマーティン「ヴァルキリー」のV12サウンドが動画にて公開。もはやF1のようなクレイジー過ぎるサウンドだった件【動画有】(2018/10/4投稿)
アストンマーティン「ヴァルキリー」のエンジン出力は1,130馬力を超える?!ハイブリッド技術で1,200馬力は余裕で超えるかも(2018/10/2投稿)
まだ納車すらしていないアストンマーティン「ヴァルキリー」がまたまた転売へ。新車価格よりも3,000万円アップ(2018/9/19投稿)
アストンマーティン「ヴァルキリー」の量産仕様がいよいよ9月末に公開。バリエーションは3種類ラインナップ(2018/9/6投稿)
アストンマーティン「ヴァルキリー」は1,130馬力発揮することで確定。ちゃっかりその情報がツイートされていた模様(2018/8/22投稿)

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう