ポルシェ「テイカン(Taycan)・スポーツツーリスモ」モデルの開発車両が登場。相変わらずリヤの”とある部分”は残念なデザインに

早くもステーションワゴン風の「テイカン」が登場

ポルシェのオールエレクトリックモデルで、2021年の後半に向けて市販化を目指す「テイカン・スポーツツーリスモ」(ミッションE・スポーツツーリスモの量産版)と思われる開発車両が目的されています。
今回目撃されている個体は、まだまだ完成度の低い初期段階といえそうな外観を持ちますが、そのスタイリングは明らかにステーションワゴン風で、より広いスペースを確保したトランクルームとリヤスペースが加味されることになります。

スポンサーリンク

開発初期段階のためまだまだ不足アリ

ただ、今回の開発車両は、ホイールアーチにボディクラッディングが施されていなかったり、最適なサスペンションによる車高調整が行われているかも不明なため、そういった意味ではまだまだこれから微調整が行われる可能性の高い一台だと思われます。
なお、スタイリングとしては「パナメーラ・スポーツツーリスモ」に近いものがありますし、非常に実用的ともいえる一台になると考えられます。

パワートレインとしては、電動モータを1~2基搭載することで、システム出力600psを発揮し、パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は3.5秒付近、航続可能距離はNEDC(New European Driving Cycle)規格により、500km以上走行可能であると言われています。
なお、発表時期については2019年以降となっていますが、まずは「テイカン」が販売され、無事成功すればその派生モデルも一気に市販化されるのではないかと考えられますね。

リヤの”アレ”はやっぱり残念

個人的に最も気になっていたリヤデザインですが、やはりリヤテールマフラはダミータイプとなっていますね。
材質等は不明ですが、こうしたダミータイプのリヤテールマフラを装着してしまうと、どうしてもチープ感が増してしまい、折角の電気自動車らしい魅力的なデザインが大きく損なってしまうようで、どうしても好きになれないんですよね…これ。
正直、このダミーマフラはオプションで良いと思うんですよ。
こういったマフラが無くても十分カッコいいですもん。

☆★☆ポルシェ「テイカン」の関連記事5選はコチラ!☆★☆

ポルシェのEVモデル「テイカン」が徐々に偽装なしの状態にて登場。ダミーマフラとはいえ、ちょっと不格好では…?(2018/10/1投稿)
ポルシェの最新EV「テイカン」がニュルにてテスト走行実施。「本当にポルシェ?」といわんばかりの静けさだ【動画有】(2018/8/21投稿)
ポルシェがリマックの株式10%を買収。新型EV「テイカン」の技術支援か(2018/6/21投稿)
ポルシェ「ミッションE」の名前は「Taycan(テイカン)」に決定。600馬力以上・航続距離は500km以上に【動画有】(2018/6/9投稿)
実はポルシェと共同開発していた。ル・マンレース覇者のマーク・ウェバー氏がポルシェ「ミッションE」をレビュー【動画有】(2018/5/20投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう