BMW「X1/M3」に4度目のリコール。バッテリーケーブルの不具合により走行不能の恐れアリ

まさかの4度目のリコール

自動車ニュースサイト・Responseより、BMW「X1/M3」に4度目のリコール。
リコールの内容としては、バッテリプラスケーブルに不具合があるとして、電装部品へ電力を供給するパワーディストリビューションボックスとバッテリーを接続するバッテリープラスケーブル接続部分のコネクターのメッキおよび構造が不適切なため、車両振動によって発生する腐食により接触抵抗が増大するものがあるとのこ。

そのため、同ボックスから電装部品へ十分な電力を供給できずに最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがあるとして、リコールを発令。

スポンサーリンク

対象範囲の拡大により、台数も2,000台超えに

リコールの対象となるのは、2007年5月22日~2011年8月11日に輸入された「X1 sDrive 18i/X1 sDrive 25i/M3セダン/M3クーペ」の4車種で、計2,195台がリコールとなります。
※既に2013年3月、2013年8月、2017年4月の3度もリコール実施済み

改善措置として、全車両、コネクターを対策品に交換する。また、車両振動の影響を低減するためケーブルを固定する、といったリコール作業を行うとのこと(不具合1件・事故0件)。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

メルセデスベンツ「Cクラス/Sクラス」にリコール。配線ショートや安全装置が機能しない恐れアリ(2018/10/16投稿)
今までに聞いたことの無いリコール。ポルシェ「718シリーズ」のエアインテークに”ポイ捨てのタバコ”が入り込んで発煙になる恐れアリ(2018/10/12投稿)
トヨタ「クラウン」やアウディ「A4」、プジョー「208/2008」等にリコール。ヘッドライトが暗くなる、燃料漏れ等(2018/10/12投稿)
全オーナーに納車された「フォードGT」にリコール。油圧漏れで火災発生の恐れ有り(2018/10/11投稿)
全てのランボルギーニ「アヴェンタドール」5車種?にリコール。エンジンコントロールユニットに不具合があり、エンストの恐れあり(2018/10/9投稿)
マツダ「アクセラ」に約1万台のリコール。ハイブリッドシステムに不具合発生で走行不能の恐れ有り(2018/10/8投稿)
これで3度目。ハイブリッドシステムに不具合があるとしてトヨタ「プリウス」に約125万台のリコール(2018/10/5投稿)
ベントレー「ベンテイガ」にリコール。エアバッグの警告ラベルの基準が古いままなの貼り替えが必要(2018/9/28投稿)
ホンダ「フリード」やトヨタ「ハイエース」に約15万台の大規模リコール。タカタ製エアバッグ・ディーゼルモデル排ガス不具合等(2018/9/27投稿)
メルセデスベンツにリコール3連発。オイル漏れや火災発生等、9月だけで合計5件も発生(2018/9/15投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう