メルセデスベンツAMG「A35セダン」の開発車両をキャッチ。ハッチバックとは異なるスポーティセダンに

早くもAMG「A35セダン」の開発車両が登場

先日、メルセデスベンツAMGのエントリーモデル「A35ハッチバック」が発表されましたが、今回はロングボディタイプの「A35セダン」の開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両は、フロントエンドからルーフ、リヤにかけて大きなカモフラージュが施されていますが、フロントエンドデザインは「A35ハッチバック」とほぼほぼ変わりない感じですね。

スポンサーリンク

スタイリングは4ドアセダンというより4ドアクーペ風

少し角度を変えてみると、サイドスカートにもカモフラージュが施されていますがサイドドアパネルは特にカモフラージュは無く、おそらくこのままのプレスラインになることが予想されますね。
足元のホイールは、ダブル5スポークタイプで高級感が増していますね。個人的にこのホイールデザインは非常に好み。

サイドから見たデザインはこんな感じ。
タイヤとホイールアーチモールとのクリアランスは非常に小さく、地上高は結構低め。
ボディスタイリングとしては、4ドアセダンなのですが、車高の低さを見ると4ドアクーペ風にも見えます。

ハッチバックよりも実用性アップ

リヤデザインには、大きな存在感を示したY字テールランプに加えてリヤスポイラーや楕円形のデュアルエキゾーストパイプ、そしてスリット溝の深いリヤディフューザーが装着されています。
インテリアについては確認できませんが、ハッチバックに比べて後席の快適性は間違いなく高いと思いますが、この辺りは実際に乗ってみないとわからないところですね。

なお、気になるパワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力302hpを発揮。
トランスミッションはパドルシフト付となる7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載し、パフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間が4.7秒とかなり加速力を発揮します(ってか早過ぎじゃね?)。
なお、この個体の具体的な発表時期は不明ですが、年内中には発表してくると思われます。

☆★☆メルセデスベンツAMG「Aクラス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

メルセデスベンツAMG「A35」の追加ティーザー画像公開。リング型のリヤテールと”A35”バッジも見えた!(2018/9/16投稿)
メルセデスベンツAMG「A35」のティーザー画像公開。最も安価なAMGモデルはパナメリカーナグリルは不採用?(2018/9/15投稿)
メルセデスベンツAMG「A35」が10月のパリモーターショーにてデビュー。「A45S」も登場?(2018/7/31投稿)
中々の言われよう。メルセデスベンツAMG社内にて、2019年モデル「A45」は”プレデター”と呼ばれている模様(2017/6/29投稿)
稀に見る珍事。1日でポルシェ「911(992)」とメルセデスベンツ「GLBクラス」、AMG「A35」の開発車両を一気にキャッチ(2018/9/3投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう