SpeedKoreが1,400馬力&カーボンボディのダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」を公開。これであの帝王も余裕で撃破?【動画有】

カーボンボディに身を纏った「チャレンジャーSRTデーモン」が登場

アメリカの有名チューナ・SpeedKoreが、ドラッグレースに特化した究極のアメリカンマッスルカー・ダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」を過激カスタム。
今回SpeedKoreが公開した「チャレンジャーSRTデーモン」は、今月末より開催のロサンゼルスSEMAショー2018にて公開される展示モデルで、その外観にはここぞとばかりにカーボンを多用した軽量ボディへと仕上げられています。

スポンサーリンク

エンジンもまさに悪魔級

そして最も驚くべきポイントがそのエンジンで、もともとこの個体には排気量6.2L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンが搭載され、最高出力840hp/最大トルク1,043Nmを発揮するぶっ飛んだスペックを持つのですが、SpeedKoreはスーパーチャージャーを捨て、一組の巨大ターボチャージャーに置き換えることで最高出力840hp→1,400hpへと格段にアップし、更にはクォーターマイルでの加速時間は9.65秒→8.77秒(到達速度260km/h)というとんでもない記録を更新しています。

もちろん、エンジン性能が向上しただけでなくボディが軽量化されたことで、驚異的な加速力を得たわけですが、実際に以下の動画にてその加速力を見てみれば一目瞭然ですね。

直線性だけを重視したクレイジーな一台ではありますが、その一点に集中したハイパワーモデルを生み出すSpeedKoreもなかなかにクレイジー。
多分、これだけの加速力をもってすれば、ドラッグレースの帝王にてお馴染みのマクラーレン「720S」にも勝利できるのではないかと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

 

View this post on Instagram

 

Breaking more records! @leahpritchett_tf just ran a 8.77 @ 161 mph in a Dodge Demon. @leahpritchett_tf @diablosportllc @drag_ontuning @gearheadfabrications @speedkore01

DiabloSport LLCさん(@diablosportllc)がシェアした投稿 –

☆★☆「チャレンジャーSRT・デーモン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

限定僅か50台のみ。元レーサーのマイケル・アンドレッティ氏が所有していたダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」がオークションにて出品へ(2018/9/26投稿)
走行距離は僅か8km。今まで見たことの無いカラーのダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」がオークションに出品へ(2018/9/17投稿)
一体いくら?ダッジ「チャレンジャー・SRTデーモン」が2台まとめてオークションにて登場(2018/7/23投稿)
0-100km/hは1.93秒。ヘネシーパフォーマンスがダッジ「チャレンジャー・SRTデーモン」を1,000馬力以上に過激チューン【動画有】(2018/7/12投稿)
実は余分に作られていた。最後に生産されたダッジ「チャレンジャーSRT・デーモン/ヴァイパー」ペアが1.1億円にて落札(2018/6/25投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう