マツダと同じリコールだ。日産「フーガ」等4車種もタカタ製エアバッグ問題にてリコール

20161127_3_%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab

先ほどのマツダの「CX-7」「アテンザ」のタカタ製エアバッグに関するリコールと同様に、日産「フーガ」等4車種も同様のリコールが発生した模様。

関連記事:どうするこの問題。マツダ「CX-7」と「アテンザ」がタカタ製エアバッグ問題にてリコール

スポンサーリンク

なお、今回のリコールの対象となる車種は「フーガ」「プレサージュ」「キャラバン」、いすゞ「コモ」の4車種で合計1万2,549台、2009年1月7日~2012年6月5日に製造されたものとなります。

リコール内容の詳細は、上記関連記事と同様にガス発生剤の劣化の恐れ。
対策としては助手席側の適用基準を満たした製品への取り換えとなりますが、リコール台数が多く部品供給が厳しい場合は、エアバッグ機能を停止させるとのことです。

20161127_4_%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう