三菱・新型「デリカD:5”アーバンギア”」のフロントデザインもリーク。ノーマルの「デリカD:5」と何が異なる?

新型「デリカD:5」は”アーバンギア”とどう異なる?

以前、三菱の新型「デリカD:5」のフロントデザインとサイドデザインがリークし、現行モデルのオフロードスタイルからラグジュアリースタイル(競合モデルがトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」)へと大きく方向転換を示唆することを確認しましたが、今回は同モデルの”アーバンギア”のフロントデザインがリーク。

アーバンギアと聞くと、フロントフォグランプがハロゲンタイプで、リヤディフレクターを装着するスポーティ且つ寒冷地に優れた性質を持つ一台のようにも感じますが、今回の新型モデルではノーマルの新型「デリカD:5」とどのように異なるのかを確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

早速”アーバンギア”を見てみよう

早速「デリカD:5”アーバンギア”」を見ていきましょう。
フロントの上部にある細く切れ長のデイタイムランニングライトは従来通りで、その下にあるフロントヘッドライトと思われる長方形のハウジング部も特に変更は無さそうですね。

ですが、フロントグリルに関してはデザインが異なっており、メッキを活かした四角いフレームが2つ配置されいて、なぜか三つ目分のスペースにはメッキは使用されていません。
メッキを使っていないグリル部はブラックカラーになっていると思いますが、こうしたメッキを控えたフロントデザインは個人的には好みだったりします。

改めてノーマルの「デリカD:5」と比べてみよう

こちらはノーマルの新型「デリカD:5」。
先ほどの”アーバンギア”とは明らかに異なるフロントデザインで、特にフロントグリルのメッキ部占有率の違いが明確になっています。

2台を並べてみるとこんな感じ。
パッと見での印象ですが、左側はトヨタ「ヴェルファイア」寄り、右側は「アルファード」寄りのデザインで、いずれも ラグジュアリースタイルを意識しているように感じられます。

インテリアも大きく変更へ。安全装備も充実

インテリアについてですが、特にインパネ関係は大きく変更されるとのことで、「デリカD:5」としては思い切ったアクションになります。
インパネ関係の一新は、「パジェロミニ」でも一度行われたことはありますがそれ以降のモデルでは特に大幅に変更されることは無かったため、かなり期待したいところです。

安全装備については、これは他社でも共通となる全速度対応のレーザークルーズコントロールやリヤトラフィックアラート(車両検知システム)、ブラインドスポットモニターが標準的に装備されます。これに加えてメーカオプション自体が廃止となるため、基本的にはディーラオプションによるパッケージングのみになると言われています(つまりは車両本体価格+諸経費で総支払額算出可能のイメージ)。

またまた開発車両が登場

新型「デリカD:5」の開発車両がまたまた目撃されています。
ホイールデザインからしてノーマルの「デリカD:5」かと思いますが、もう少しで先行予約もスタートしますし、そろそろカモフラージュが剥がされた開発車両が登場してもおかしくないと思います。

☆★☆新型「デリカD:5」関連記事5選はコチラ!☆★☆

三菱・新型「デリカD:5」が遂にリーク。引き締まったフロントデザイン、現行モデルと何が変わった?(2018/10/22投稿)
三菱・新型「デリカD:5」新情報追加。7人乗りはオプション、ディーゼルモデルの燃費も明らかに(2018/10/20投稿)
三菱・新型「デリカD:5」の開発車両をまたまたキャッチ。今度はエアロ&オプションホイール装着モデルも登場(2018/10/18投稿)
三菱・新型「デリカD:5」の量産イメージ公開。ウィンカーはまさかの流れるシーケンシャルタイプに?(2018/10/17投稿)
三菱・新型「デリカD:5」追加情報続々。やっぱりフロントグリルは「ekスペース」風、価格も確定に(2018/10/16投稿)

三菱・新型「デリカD:5」に関する最新情報はコチラにてまとめております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう