アウディ・新型「R8」のティーザー画像が公開。フロントデザインは更に攻撃的でワイドに進化

新型「R8」のティーザー画像が公開

アウディ・スポーツより、年末もしくは2019年初めにデビューする予定の第2世代となる新型「R8」フェイスリフト版のティーザー画像が公開されました。
既に何度か目撃されている新型「R8」の開発車両ですが、そのほとんどが分厚くカモフラージュされているものの、一部視覚的な変化によりアグレッシブな顔つきへ進化しているように感じられます。

実際にその変化を示すフロントデザインのティーザー画像が公開されていますが、よりワイドなフロントグリルを設けることにより、大量のエアを取り込む機能を発揮させるものと考えられます。
加えてアウディの”フォーリングス”ロゴはフロントグリルではなく、フロントフードに設けられ、フロントヘッドライトもアグレッシブ化するために若干釣り上げられていることが確認できますね。

スポンサーリンク

新型「R8」はフロントデザインだけなくサイドやリヤも変化?

なお、今回のティーザー画像では確認できませんが、過去に目撃された開発車両では、サイドスカートやリヤディフューザーも変更する予定で、こちらもフロント同様にアグレッシブ且つ空力特性を向上させるものと考えられます。

今回のティーザー画像では確認されていませんが、アウディ・スポーツがもう一つ開発準備を進めている「(仮)R8 GT」は、アウディ傘下のランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」と同じパワーとなる排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力640ps/最大トルク600Nmを発揮する予定となっています。

もちろん、どういったポイントにて視覚的変化が加わるのか、フェイスリフト版とどのように異なるのかまでは不明ですが、このモデルについても後日ティーザー画像もしくは詳細仕様が明らかになると思われます。

☆★☆アウディ「R8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

アウディ「R8スパイダー」フェイスリフト版の開発車両をキャッチ。デザインは一部見直され、エンジンも「ウラカン・ペルフォルマンテ」仕様に?!(2018/9/22投稿)
これがアウディ「R8スパイダー」のフェイスリフト版?それともGT?怒り顔&マフラデカ過ぎのゴリゴリ仕様に(2018/7/17投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」と同じパワー?謎のアウディ「R8GT」の開発車両をキャッチ【動画有】(2018/7/11投稿)
アウディ・スポーツが「R8 V10 Plus・アウディスポーツパフォーマンスパーツ」の限定モデルを発売。限定44台、モータースポーツ技術を活かした究極の一台(2018/7/11投稿)
アウディのフェイスリフトモデル「R8GT」と思わしき開発車両が登場。V10搭載で670馬力発生か(2018/6/14投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう