VW「ザ・ビートル」に2万台超えの大量リコール。アースケーブルに不具合アリでエンジン始動不可の恐れ

大人気モデル「ザ・ビートル」に2万台超えの大規模リコール

自動車ニュースサイト・Responseより、フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」に2万台超えの大規模リコール。
リコールの内容としては、アースケーブルの不具合によるもので、エンジンとボディ間に装着されているアースケーブルの長さが不適切なため、走行中の振動などによりアースケーブルが破断するものがあるとのこと。
そのため、エンジンの始動装置のアース回路が遮断され、エンジンが始動できなくなるおそれがあるとしてリコールを発令。

スポンサーリンク

不具合は既に200件近く発生

リコールの対象となるのは、2011年11月25日~2014年10月29日に輸入された「ザ・ビートル(1.0/77kW及びカブリオレ1.2)」で、計20,945台がリコールとなります。

改善措置として、改善措置として、全車両、アースケーブルを対策品と交換する、といったリコール作業を行うとのこと(不具合191件・事故0件)。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

BMWが全世界で約160万台にも及ぶリコールを発令。このままではディーゼルエンジンが燃えてしまう…(2018/10/23投稿)
BMW「X1/M3」に4度目のリコール。バッテリーケーブルの不具合により走行不能の恐れアリ(2018/10/20投稿)
メルセデスベンツ「Cクラス/Sクラス」にリコール。配線ショートや安全装置が機能しない恐れアリ(2018/10/16投稿)
今までに聞いたことの無いリコール。ポルシェ「718シリーズ」のエアインテークに”ポイ捨てのタバコ”が入り込んで発煙になる恐れアリ(2018/10/12投稿)
トヨタ「クラウン」やアウディ「A4」、プジョー「208/2008」等にリコール。ヘッドライトが暗くなる、燃料漏れ等(2018/10/12投稿)
全オーナーに納車された「フォードGT」にリコール。油圧漏れで火災発生の恐れ有り(2018/10/11投稿)
全てのランボルギーニ「アヴェンタドール」5車種?にリコール。エンジンコントロールユニットに不具合があり、エンストの恐れあり(2018/10/9投稿)
マツダ「アクセラ」に約1万台のリコール。ハイブリッドシステムに不具合発生で走行不能の恐れ有り(2018/10/8投稿)
これで3度目。ハイブリッドシステムに不具合があるとしてトヨタ「プリウス」に約125万台のリコール(2018/10/5投稿)
ベントレー「ベンテイガ」にリコール。エアバッグの警告ラベルの基準が古いままなの貼り替えが必要(2018/9/28投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう