アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテ」の開発車両をキャッチ。偽装無し、ルーフはソフトトップに

「DBSスーパーレッジェーラ」のオープンモデルが目撃に

アストンマーティンのハードコアモデルでオープンタイプとなる「DBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテ」と思われる開発車両がキャッチされています。
今回目撃された個体は、生憎の天候によりトップルーフはオープンになっていませんが、ルーフ素材はハードトップではなくファブリック製のソフトトップを採用。
おまけにボディはカモフラージュされておらず、オールブラックに身を纏い、ほとんどそのデザインが丸裸になっていますね。

スポンサーリンク

スタイリングはほぼクーペと同じ

今回目撃されている個体についてですが、スタイリングとしては「DBSスーパーレッジェーラ・クーペ」とほぼ同じの流線形を描いており、そのスタイリングを上手くソフトトップでも表現できています。

こちらはクーペのサイドスタイリング。
素晴らしくソフトトップと同じ流線形を描いていますね。

リヤデザインはこんな感じ。
唯一クーペと異なるところは、リヤウィンドウの視認性の範囲が非常に狭いということ。
なお、この写真では少し確認は難しいですが、車両のスピードが上がるとポップアップするアクティブリヤスポイラーも装備されています。

こちらがクーペ。
ヴォランテと比べて非常に広い視認範囲であることがわかりますね。

パワートレインは、クーペ同様に排気量5.2L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力725ps/最大トルク900Nmを発揮します。
トランスミッションは8速ATで、駆動方式は後輪駆動を採用。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.4秒、最高時速は一応340km/h以上と言われています。

なお、気になる「DBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテ」のデビュー時期ははっきりしていませんが、来年には何かしらの情報が展開されると予想。
価格帯としてはクーペモデルの約3,400万円よりも更に高額になることは容易に想像でき、概ねスーパーカーにて見られるオープンモデルの変動比率を見ると、大体10%は高くなっているので、約3,750万円あたりになるのではないかと考えられます。

☆★☆「DBSスーパーレッジェーラ」関連記事4選はコチラ!☆★☆

納車第一号?ドイツにて、アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」が早くもキャッチ(2018/8/18投稿)
やっぱり登場する?アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」にハードコアモデル”AMR”が登場するとの噂【動画有】(2018/8/3投稿)
アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」遂に世界初公開。出力725馬力/トルク900Nmの最強モデルに(2018/6/27投稿)
アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」がグッドウッドにて目立ち放題。他に登場したモデルたちも見てみよう【動画有】(2018/7/16投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう