あの有名チューナ・AC SchnitzerがBMW「X2」をカスタム。+30馬力アップ、専用キット&大口径ホイール装着で更にスポーツ指向に【動画有】

「X2」のカスタムモデルが登場

BMWやアウディと言った欧州モデルのカスタム・チューニングを専門とするAC Schnitzer(ACシュニッツァー)が、BMWの都会派スポーツクロスオーバー「X2」専用チューニングパッケージをリリース。
今回、AC Schnitzerが販売したパッケージング内容は、スタイリングとパフォーマンスの両方を向上させ、新しいエアロキットとスポーツサスペンションを提供し、更にはECUセットアップにより馬力アップも施しています。

スポンサーリンク

外観はダイナミックでスポーティであるも非常にシンプル

まず外観においては、よりダイナミックでスポーティなデザインへと仕上げるために、空力要素を加味したM-Technikフロントスプリッターやサイドスカート、ルーフスポイラーを装着。

サイドか見るとこんな感じ。
ドアアンダーパネルにはフローズンシルバーのアックセントトリムが加味されていますが、更にその下にはボディカラーと同色素地のサイドスカートを装着することで、ボディのメリハリを強調しています。

足元についてあ、19インチまたは20インチのAC Schnitzer製となるAC1合金ホイールを装着し、バイカラーシルバー/ブラックもしく無煙炭仕上げが可能となっています。
併せて装着タイヤ規格については、19インチが225/45R19で、20インチが245/35R20となります。
更に足回りについては、専用のサスペンションスプリングセットにより、前後のアクスルにて約20~35mmのローダウンが可能となっています。

こちらはカーボンチップ仕上げのカスタムエキゾーストシステム。
純正マフラを崩さないスマートなカスタムパーツだと思います。

インテリアは公開されていませんが、ペダルやブラック/レッドのパドルシフトセット、iDriveコントローラのブラックレインカバーを含むアルミアクセサリーも選択可能となっています。

エンジンはトルクフルなディーゼルモデルの特徴を生かしたチューニング

気になるエンジンチューニングについてですが、「X2 20d(sDrive/xDrive関係なし)」であれば、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンはそのままに、最高出力190ps→222psまでアップグレードされています。

【X2 (F39) by AC Schnitzer】

☆★☆BMW「X2」関連記事5選はコチラ!☆★☆

BMW「X2」に最上位グレード”M35i”が登場。300馬力超えのハイパフォーマンスモデル、日本での販売は来年以降?(2018/9/7投稿)
BMW「X2」見てきた。「X1」よりもコンパクトでスポーティ、スタイリングはクーペ・ハッチバック風【エクステリア編】(2018/5/19投稿)
BMW「X2」を見てきた。内装はシンプル、操作性は高そうでも後席の実用性は微妙?【インテリア編】(2018/5/21投稿)
BMW「X2」に試乗。スタイリングはクロスオーバーだけど乗ってみたらスポーツハッチバックの感覚(2018/6/1投稿)
BMW「X2」を見積もりしてみた。グレードは”xDrive20i M Sport X”、3~5年間残価で33~53%はアリ?(2018/6/11投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう