合計10億円行くんじゃない?「ラ・フェラーリ/ラ・フェラーリ・アペルタ」がセットでオークションにて登場

恐らく初となる「ラ・フェラーリ&アペルタ」のセット出品

来年1月より、アメリカ・フロリダ州のキシミーにて開催されるMecumオークションにて、フェラーリ唯一のハイブリッドクーペモデルとなる「ラ・フェラーリ」と、同じくオープンモデルの「ラ・フェラーリ・アペルタ」が”セットで”出品されることがわかりました。

スポンサーリンク

まずは特別カラーの「ラ・フェラーリ

まず、クーペタイプの「ラ・フェラーリ」ですが、こちらは世界限定499台+1台のみ製造され、新車販売価格にして約1.5億円ほど。
ボディカラーはかなり貴重ともいえるレッド系のロッソ・フォーコ。
足元のホイールはブラックペイント処理+リム周りにレッドのディテールアクセントを加えたスター形状ホイールとなっています。

ブレーキキャリパは、ホイール同様にブラックを採用しており、ロッソカラーと上手く2色にて分けられています。

よ~く見てみると、サイドミラーキャップはブラックではなく同色のロッソ系を採用していますね。

インテリアは非常にシンプルなブラックのスポーツシートにレッドのカラードステッチを縫合した統一性のある組合わせ。
センターコンソールやステアリングホイールのオーナメントパネルには、惜しげもなくカーボンファイバを使用していますね。

こちらはシンプルなレッドの「ラ・フェラーリ・アペルタ」

そしてこちらが、世界限定209台+1台の製造されたオープンタイプの「ラ・フェラーリ・アペルタ」。新車販売価格にして約2.5億円ほど。
こちらはシンプルなロッソ・コルサ(アペルタはフェラーリが定めたカラーしか選択できない)のボディカラーですね。

ドアオープンは、上に開くタイプのバタフライ・ドアですが、クーペタイプの個体はルーフまでも開くタイプになっているので、実は開き方が若干違うんですよね。

足元のホイールはブラックペイント処理にレッドのディテールアクセントを加えたスター形状ホイールを採用。
こちらもクーペと同じカラーリングですが、ブレーキキャリパはレッドとなっていますね。

こちらのインテリアもブラックを主体とした、レッドのカラードステッチに加え、レッドの縁付けをした特殊仕上げとなっています。

気になる予想落札価格は?

なお、何れの個体も排気量6.3L V型12気筒自然吸気エンジン+運動回生エネルギーによるハイブリッドシステムをさいようし、システム総出力は963ps/最大トルク900Nm以上を発揮します。
走行距離は、クーペタイプが672km、オープンタイプが280kmと非常に少ない距離となっています。
気になる予想落札価格について記載されていませんが、これまでの出品金額を鑑みると、クーペタイプは約3億円、オープンタイプは約8億円の総額10億円に到達するのではないかと思われます。

ちなみに、「ラ・フェラーリ/ラ・フェラーリ・アペルタ」は、新車購入後18か月は転売等を行ってはいけず、その合意のもとでの購入が認められます。
今回のモデルは、2017年初期モデルということで、購入後18か月を経過しての出品となるため、規約違反にはなっていません。

☆★☆「ラ・フェラーリ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

下手したら10億行っちゃう?ブラックカラーの「ラ・フェラーリ・アペルタ」がオークションに出品へ(2018/8/25投稿)
あなたはどっちが良い?レッドとイエローの「ラ・フェラーリ」がモントレーオークションにて出品へ(2018/8/8投稿)
新年初売り?ホワイトの「ラ・フェラーリ・アペルタ」が中古市場にて販売中、但し価格は不明(2018/1/2投稿)
今年最後のビッグ・ニュース。「ラ・フェラーリ」のエンジンが販売中、価格は何と・・・(2017/12/30投稿)
そこまで高くない?ドバイにて、走行距離0kmの「ラ・フェラーリ」が約3.3億円にて販売中(2017/4/22投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう