これまた億超えは確実かも。ARES Designがマセラティ・スパイダーをベースにしたプロジェクトWamiを開発中

今度はマセラティのクラシックモデルを復活へ

過去これまで、デ・トマソ「パンテーラ」やシボレー「コルベット」、フェラーリ「412」とレトロモデルを復刻させてきたコーチビルダーのARES Designが、これまた新しいマセラティのクラシックモデルをベースとした復刻モデル「プロジェクトWami(Project Wami)」を開発することが明らかとなりました。

スポンサーリンク

レトロと現代を融合させた究極モデル

「プロジェクトWami」は、サイドエキゾーストやホワイトウォールタイヤといったクラシックなデザインに加えて、現代の軽量構造技術となるカーボンファイバやアルミを多用した融合モデルとなります。

エンジンはダウンサイジングターボ&ハイブリッド?

もちろん、このプロジェクトモデルはまだまだ初期段階にあるため、具体的なスペックなどは明らかになっていませんが、そのレトロな見た目とは裏腹に、電気モータを組合わせたハイブリッドモデルとして登場するかもしれないとの噂が浮上しています。

更には、そのエンジンベースがフェラーリ「ポルトフィーノ/488GTB」、もしくはマセラティ「クアトロポルテ/レヴァンテ」といったモデル候補からチョイスされる可能性が高く、その中で最も優先度を高く設定しているのが排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンユニットであると言われています。

3ペダル式…もしやハイブリッドでミッションなの?!

そしてもう一つ、トランスミッションがATではなくMTになる可能性が高いとのことですが、確かに上のレンダリング画像を見てみるとスリーペダル式になっていますね。
ただ、センターコンソールにはシフトノブが存在していないため、今現在はあくまでもデザインレベルということで簡易的に示しているだけなのかもしれません。

気になる価格帯についてはまだ不明ですが、これまでの復刻モデルのとんでもない価格設定を考えると、高確率で1億円を超えてくるのではないかと思われますね。

☆★☆ARESデザイン関連記事4選はコチラ!☆★☆

ARESデザインがフェラーリ「GTC4ルッソ」ベースにしたコーチビルドモデル・現代版「412」の完成イメージ図が遂に完成(2018/10/18投稿)
アレスデザインが、今度はフェラーリ「250GTO」ベースのスペシャルモデルを開発中。世界限定10台未満、価格は1.1億円以上(2018/9/30投稿)
ARESデザインが、今度はシボレー「コルベットC2」を開発。エンジンは「C6」にも採用のLS3を搭載(2018/2/5投稿)
ARESデザインがデ・トマソ「パンテーラ」の復活モデル「プロジェクト・パンサー」を世界初公開。イメージ・エンジン・内装はランボルギーニ【動画有】(2018/2/1投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう