トヨタ・新型「スープラ」にワンオフモデルも設定可能に。デトロイトモーターショー2019のデビューも正式確定

遂にスープラは来年1月に正式デビュー

トヨタが現在、BMWと共同開発にて進めている新型「スープラ」ですが、このモデルの正式デビューが来年1月14日より開催されるデトロイトモーターショー2019で確定であることがわかりました。

トヨタは今年、グッドウッド、フェスティバル・オブ・スピードやニュルブルクリンクにてVLNレースに参加したGT4仕様プロトタイプ等、多くのイベントにてカモフラージュされた「スープラ・プロトタイプ」を公開してきましたが、今年のジュネーブモーターショー2018では「GRスープラ・レーシングコンセプト」を出展する等、とにかく「スープラ」一色ので年でもありました。

スポンサーリンク

生産車両第一号はチャリティオークションにて出品へ

新型「スープラ」は、共同開発中のBMW「Z4」とともにオーストリアのMagna Steyrの工場にて製造されることが確定しており、その生産時期は2019年の上半期中に開始する予定となっています。
トヨタ関係者によれば、「スープラ/Z4」は同じアーキテクチャとパワートレインを共用していますが、開発ベースは全く異なりますし、乗り味や走行性能も全く別物であることも示しています。

新型「スープラ」のパワートレインは、トップレンジモデルであれば排気量3.0L V型6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載し、最高出力340hpを発揮します。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が5秒未満、そしてシャシーは全体的に非常によくバランスが取れているとして、前後重量比も50:50配分で、アクティブなスリップディファレンシャルとアダプティブ可変サスペンションを搭載することが確定しています。

そして、トヨタ北米は世界で一番最初に生産される新型「スープラ」(恐らくワンオフモデル)をチャリティオークションに出品し、そのオークションにて得られた収益金は全て慈善事業へと寄付される計画となっています。

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

遂に内装も明らかになったぞ!トヨタ・新型「スープラ」のレーシングモデルがニュルブルクリンクに登場(2018/10/23投稿)
実は意外な共通点があった!新型のトヨタ「スープラ」とBMW「X7」の開発車両をセットにて目撃(2018/10/16投稿)
トヨタ・新型「スープラ」にGRグレード登場?謎のレーシング仕様の開発車両が登場(2018/10/9投稿)
イギリスにて、トヨタ・新型「スープラ」が2019年に割当てられる台数は僅か300台、予約金は約15万円→もちろん完売。一方でアメリカでは先行予約は未だ無し(2018/10/9投稿)
リークしたトヨタ・新型「スープラ」のパーツCGを組合わせた完成CGが遂に公開。これは間違いなくカッコいいぞ(2018/10/8投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう