想像の右斜め上過ぎる。SEMAショー2018にて、リバティーウォーク(LB Performance)がBMW「i8」の過激カスタムを公開

リバティーウォークがまさかの「i8」を過激カスタム

日本を代表する過激チューナ・リバティーウォーク(LB Performance)が、BMWのiブランドでフラッグシップモデルでもある「i8」を過激カスタムし、昨日よりロサンゼルスにて開催中のSEMAショー2018にてデビューすることがわかりました。

過去これまで、ランボルギーニ「アヴェンタドール/ウラカン」、「フォードGT40」のレプリカモデルをベースにランボルギーニ「ミウラ”風”」の車高短モデル、更には日産「GT-R」等様々なモデルを手掛けてきましたが、今回はまさかのPHV(プラグインハイブリッド)モデルにまで手を出してくるとは全く想像もしていませんでした。

スポンサーリンク

暴走族風でありながらもレーシングスタイル

今回リバティーウォークが公開しているレンダリングは、大きく顎を突き出したかのようなフロントスポイラーやフロントウィングレットを設置し、同社のシンボルでもある外付けリベット留めとなるオーバーフェンダーを装着することで、超絶ワイドに仕上げています。

サイドから見てみるとこんな感じ。
サイドのレンダリングでは、外付けオーバーフェンダーのパーツが省略されていますが、実際にはゴリゴリのフェンダーが装着されているので省略化されているだけ。
車体自体も専用のエアサスペンションによって車高調整され、ギリギリまでローダウンしていることがわかります(上手い具合にフェンダーアーチとホイールアーチが重なっている)。
後は、ブラックパーツによる大型リヤウィングも装着され、さらにレーシングなイメージを追究。

こちらは先ほどとはちょっと異なり、大型リヤウィングからリヤスポイラーへと置き換えられた改造モデルの「i8」。
一見してシンプルそうに見えるデザインですが、下周りやエアロ関係、オーバーフェンダーパーツは特に変更無し。
リヤウィングだけでここまで大きく印象が変化するのも中々に珍しいですね。

こちらはサイドデザイン。
地面スレッスレの車高短スタイル。
これで本当に公道走れるの?といわんばかりの攻め具合ですが、やはりこういった過激すぎるカスタム(LBはあくまでも”改造”と断言)を施すところに男のロマンを感じます。

☆★☆SEMAショー2018関連記事5選はコチラ!☆★☆

名門チューナ・ABTスポーツラインが、アウディ「RS5-R/SQ5」専用ワイドボディキットを公開。SEMAショー2018にも出展へ(2018/10/30投稿)
何これ凄い。SEMAショー2018にて、日産「フェアレディZ NISMO」にモータースポーツのV6ツインターボエンジンをぶち込んだクレイジーモデルが登場(2018/10/30投稿)
レクサスがSEMAショー2018に「RC/LS/ES/UX」のカスタムモデルを出展。「ES」のトランクには樽形のワインセラーも(2018/10/30投稿)
ホンダ・新型「シビック・タイプR」をピックアップ風に変態改造した”アノ”個体がSEMAショー2018に登場。間違いなく大注目の一台(2018/10/26投稿)
SpeedKoreが1,400馬力&カーボンボディのダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」を公開。これであの帝王も余裕で撃破?【動画有】(2018/10/21投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう