フェラーリ「モンツァSP1/SP2」がまだ納車していないのに早くも中古車市場にて販売中。加えて限定106台のマクラーレン「スピードテール」も

早くも未納の「モンツァ」が中古車市場にて販売中

フェラーリが販売した全く新しい最上位ブランドIconaシリーズ第一弾となる「モンツァSP1/モンツァSP2」が、早くも高級中古車ディーラ・ナイトインターナショナルにて”中古車”として販売されていることがわかりました。

この個体は、納車はもちろんのこと正式にオプションや納期も決まっていない”この世に存在しない”個体となります。
従って、この個体を新車にて正式オーダーするまでは、ボディカラーやインテリアカラー、オプション内容、そして納期も全く不明となるため、そのような個体に数億円もの大金をつぎ込むというのはあまりにもリスキー過ぎる買い物になりますね(ちなみに新車価格は約2.2億円だとか)。

スポンサーリンク

ところで「モンツァSP1/モンツァSP2」って何ぞ?

この新型モデルは、1950年代に登場したフェラーリ「750モンツァ/860モンツァ」のバルケッタスタイルからインスパイアされたもので、「モンツァSP1」はシングルシータ、「モンツァSP2」はツーシータというシートレイアウトとなります。

いずれの個体も、「812スーパーファスト」に採用されたフェラーリ史上最も強力ともいえる排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力810ps/8,500rpm、最大トルク719Nm/7,000rpmを発揮します。
パフォーマンスとしては、「モンツァSP1/SP2」共通で0-100km/hの加速時間2.9秒、0-200km/hの加速時間は7.9秒と驚異的な加速力を発揮し、最高時速は300km/hを超えるとのこと。

これらの個体は、カーボンファイバ素材を大量に使用しているため、車体重量は「モンツァSP1」は1,500kg、「モンツァSP2」は1,520kgととにかく軽量。
もちろん、重量に大きく影響するであろうフロントガラス等を装着していないことも起因していますが、V12エンジンを搭載してのこの重量はかなりの軽量化を施したのだと思われます。
なお、生産台数は「モンツァSP1/SP2」あわせて僅か500台。
既に発表と同時に完売した人気モデルとなりますが、中古車での販売価格は新車販売価格約2.2億円よりも更に倍以上4億円~5億円にて販売される可能性が高そうですね。

あの3シータハイブリッドハイパーカーも…

なお、この個体以外にも先日発表されたばかりの世界限定106台のみとなるマクラーレン「スピードテール」も一台のみ販売されているみたいですね(価格は未定)。

☆★☆フェラーリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

フェラーリ「モンツァSP1/SP2」がパリデビュー。詳細スペックがようやく明らかに【動画有】(2018/10/3投稿)
フェラーリのIconaモデル「モンツァSP1/SP2」は合わせて世界限定500台→もちろん全て完売(2018/9/21投稿)
フェラーリのワンオフモデル「モンツァSP1/SP2」が正式公開。「812スーパーファスト」を超える史上最強のV12エンジンを搭載【動画有】(2018/9/19投稿)
これは美しい。フェラーリ「812スーパーファスト」ベースの「モンツァSP1/SP2」が世界初公開(2018/9/18投稿)
フェラーリから新たに3台のモデルが登場?1つは「812スーパーファスト」のハードコアモデル、残り2つはロードスター?(218/9/4投稿)

Reference:TheSpercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう