これがフェラーリ「812スーパーファスト」の後継?その名も「8E8Hyperspeed(8E8ハイパースピード)」のレンダリングが公開に

「812スーパーファスト」の後継モデル?

フェラーリのフラッグシップモデルでフロントエンジンマウントタイプの「F12ベルリネッタ」の後継モデル「812スーパーファスト」が登場してから2年も経過していませんが、ここにきて(謎の)更なる後継モデルと思われる「8E8Hyperspeed(8E8ハイパースピード)」と呼ばれるレンダリング画像が公開されています。

このレンダリングを作成のは、Art Center College of Designの卒業生であるアン・ヒョク・アン(Andre Sang-Hyuk Ahn)氏で、「812スーパーファスト」の後継モデルが将来的に100%自然吸気エンジン(V12)からどのように変化するのかを示したものであるとして、ロングノーズショートデッキの特徴的なスタイルとバランスのとれた前後重量比を加味した一台になっているとのこと。

スポンサーリンク

攻撃的でありながらも無駄を一切無くした滑らかなボディライン

そのデザインとしては、ゴールドに近いボディカラーにトップルーフはシルバーという対照的な配色を使用。
フロントのヘッドライトとリヤテールランプは非常に薄く、ボディのプレスライン以外は無駄な凹凸を少なくしたようなデザインとなっていますね。

エンジンはまさかのV12NA

気になるパワートレインについてですが、てっきり名称が「8E8~」なので「800馬力・EV・V型8気筒ツインターボエンジン」を意味しているのかと思いきや、「812スーパーファスト」同様に排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン+電気モータを搭載し、最高出力800ps以上/最大トルク718Nm以上、最高時速340km/h、0-100km/hの加速時間は2.9秒以下という曖昧な設定スペックになっています。
※「812~」は、「800馬力・V型12気筒」を意味

なお、フェラーリは今後100%自然吸気エンジンを採用することは無く、ダウンサイジング(ツインターボ)+電気モータによるハイブリッドを積極的に取り入れる予定となっています。
今回のレンダリングはあくまでも予想に過ぎず現実味はありませんでしたが、スタイリングの点ではいずれこうした先進的で攻撃的なデザインを取り入れていく可能性は十分にありそうですね。

☆★☆フェラーリ・レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう