スバル「インプレッサ/フォレスター」を含むモデル10万台に追加リコール。その損害額は純利益の約10%に

新たなる追加不正により約10万台が追加リコール

自動車ニュースサイト・Responseより、スバル「インプレッサ/フォレスター」等に追加リコール。
リコールの内容としては、パーキングブレーキ等の無資格検査が追加にて発覚したとのこと。
具体的には、駐車ブレーキ制動力の検査中にブレーキペダルを踏む行為等の不適切行為は2017年末頃まで行われていたとのことですが、今回新たに2018年10月分までも不正にて行われていたことが判明しています。

スポンサーリンク

純利益の約10%をリコール費用に…

対象モデルとしては、「インプレッサ/レヴォーグ/WRX/XV/フォレスター/レガシィ/エクシーガ/BRZ/トヨタ・86」2018年1月9日から2018年10月26日に生産された9車種となる約10万台にも及ぶとのこと。

なお、今回の追加により、無資格者による完成車検査問題に伴うリコールは約53万台に拡大し、その損害額は約65億円となっています(ちなみに純利益は約570億円なので、約10%を失うことになる)。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

ホンダ「シビック」にリコール。ポップアップフードシステムの不具合により、歩行者頭部や脚部保護ができない恐れアリ(2018/11/3投稿)
スバル「レガシィ」やトヨタ「アベンシス」に計4万台超えの大量リコール。航続可能距離過大表示でガス欠の恐れ等(2018/11/2投稿)
スバル「インプレッサ/BRZ」、トヨタ「86」等に10万台超えのリコール。バルブスプリング不具合でエンジン停止の恐れアリ(2018/11/1投稿)
VW「ザ・ビートル」に2万台超えの大量リコール。アースケーブルに不具合アリでエンジン始動不可の恐れ(2018/10/24投稿)
BMWが全世界で約160万台にも及ぶリコールを発令。このままではディーゼルエンジンが燃えてしまう…(2018/10/23投稿)
BMW「X1/M3」に4度目のリコール。バッテリーケーブルの不具合により走行不能の恐れアリ(2018/10/20投稿)
メルセデスベンツ「Cクラス/Sクラス」にリコール。配線ショートや安全装置が機能しない恐れアリ(2018/10/16投稿)
今までに聞いたことの無いリコール。ポルシェ「718シリーズ」のエアインテークに”ポイ捨てのタバコ”が入り込んで発煙になる恐れアリ(2018/10/12投稿)
トヨタ「クラウン」やアウディ「A4」、プジョー「208/2008」等にリコール。ヘッドライトが暗くなる、燃料漏れ等(2018/10/12投稿)
全オーナーに納車された「フォードGT」にリコール。油圧漏れで火災発生の恐れ有り(2018/10/11投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう