アウディ・新型「S3」の開発車両をキャッチ。ハイブリッドはほぼ確実、遅くとも2020年初めにはデビューへ

新型「S3」の開発車両をキャッチ

アウディ「A3」をベースにしたハイパフォーマンスモデル「S3」の次期モデルと思われる開発車両が目撃されています。
今回目撃されている個体は、昨年の8月に初めてキャッチされて以来2回目となりますが、基本的に全く変わらずで全体的に分厚めのカモフラージュが施されています。
特にフロントのデザイン性においては、フロントエンドのシングルフレームグリルとエアインテーク部がメッシュ(網目)になってること以外は、特に大きな変更は施されていませんね。

スポンサーリンク

ヘッドライトは変更へ。但しウィンカーは点滅式?

また気になるフロントヘッドライトについては、ちょっと確認はむずかしいもののフロントウィンカーは流れるシーケンシャル式ではなく点滅式であることがわかりますね。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプが全体的にカモフラージュされていますが、ココも大きく変更されることでしょう。
ただ、ウィンカーはやはり点滅式になるかも?

やはりハイブリッドは必須条件に?

プラットフォームはフォルクスワーゲン製のMQB(Modulare Quer Baukasten)改良版で、前輪駆動(FF)/四輪駆動(AWD)専用エンジニアリングアーキテクチャとなります。
パワートレインについては未定ですが、プラグインハイブリッド(PHV)もしくはマイルドハイブリッドを搭載する可能性が高く、エンジンもおそらく現行「S3」の排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンをベースに最高出力292hp以上を発揮すると思われます。

なお、発表時期については2019年初めに新型「A3」をラインナップすることを考えると、2019年後半もしくは2020年初めにデビューすることが予想されています。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう