リバティーウォーク(LB Performance)仕様の日産「GT-R」が南アフリカに進出!族車スタイルは海外でも大人気!日本にも親子揃って”R35”を所有する猛者も

リバティーウォークが南アフリカにも進出!

日本を代表する過激チューナのリバティーウォーク(LB Performance)が、日産のスーパースポーツモデル「GT-R”R35”」をベースとしたワイドボディキットを装着した過激モデルを公開。
エンジンチューニングは特に行っていないものの、やはりその過激なスタイリングは、他のメーカが中々真似することのできない日本ならではの族車風スタイルとなっています。

しかもこの改造モデルが、何と日本から南アフリカへと出荷されたとのことで、遂に同国でもリバティーウォークの改造モデルがデビューすることとなりました。これはかなり嬉しいニュースですね。

スポンサーリンク

早速その過激「GT-R」を見ていこう

今回南アフリカに出荷された個体は、フロント・リヤにLBのシンボルともいえる外付けリベット留めのオーバーフェンダーを装着し、調整可能なフロントスプリッター、ブーツリッドに装着された大型リヤディフューザー、ダックテールスポイラー、そしてLBを象徴する巨大デカールを組合わせたビジュアルパッケージを設定。

足元には、マットブラック仕上げのForgiato製Maglia-ECLリムセットとTOYO TIRES製タイヤを装着します。

なお足回りには、KWコイルオーバーと4軸油圧リフトをもたらすアップグレードされたサスペンションをインストールすることで最適な車高調整が施されています。

インテリアは、カーボンファイバ製ステアリングホイールや、RECAROバケットシートとロールケージを装備していますね。

なお、日本に限らず海外においてもリバティーウォークの人気は非常に高く、あの族車風スタイルと日本の文化がかなりマッチしているのだとか。
特にベトナムでは、以下の記事のグレーカラーに仕上げられたLB仕様のフェラーリ「458イタリア」がとにかく大人気で、イベントにて出展の際は行列ができるほどで、子供から大人まで誰もが注目しているとのこと。

☆★☆関連記事☆★☆

中にはこんな素敵なLBオーナーさんも

こちらは個人的にいつもチェックしているリバティウォーク仕様の日産「GT-R”R35”」を所有するGTR35(Yuuro Fujimura)さん。
年齢的にも結構お若い方だとは思いますが、親子共にLB仕様の「GT-R”R35”」を所有するというから驚き。
日本全国に車の素晴らしさを伝えていきたいという想いがあるらしく、その想いにいつも目頭を熱くしている自分がいます。
これからもその熱い気持ちをどんどん発信していってほしいですね。

☆★☆LB Performance関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう