噂されていたトヨタ・新型「プリウス」が12月17日にマイナーチェンジへ。パーキングブレーキはフット式から電動式にアップグレード

新型「プリウス」のマイナーチェンジは12月17日にて決定

トヨタの大人気ハイブリッドモデル「プリウス」が、2015年12月にフルモデルチェンジして以来、今年の2018年12月にて3年目を迎え、大幅なデザイン変更(つまりはマイナーチェンジ)が施されるかも?という噂がありましたが、どうやら12月17日に正式にマイナーチェンジが施されることがわかりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

新型「プリウス」ではどこが変わる

自動車ニュースサイト・ベストカーの情報によれば、今回のマイナーチェンジでは内外装デザインが変更され、加えて安全装備の充実化ハイブリッドシステムの改良が施されることがわかっています。
そして、「プリウス」にて気になっていたパーキングブレーキはフット式から電子式(電動パーキング)に変更されるということで、ここは全く予想していなかったポイントだと思われます(レクサス「IS/RC」でさえもマイナーチェンジにてフット式ブレーキから変更されることが無かった)。

外観においては、現行「プリウス」のちょっと攻撃的で涙目を付けたようなデザイン(とにかく批判が多かった!)から更に大きく変更され、どちらかというと現行「プリウスPHV」のようなデザインに変更されると言われています(但し抗力係数Cd値を考慮してスタイリングが変更されることは無さそう)。
フロントエンドについては、トヨタのシンボルデザインでもあるキーンルックグリルを採用する可能性は低いと思われますが、現行モデルからどこまで大幅に変更されるのか非常に気になるところです。

ハイブリッド技術は”軽量化”が重要ポイントに?

ハイブリッドシステムの改良については、軽量コンパクトで高効率なリチウムイオンバッテリーに集約1本化するという話があり、実測燃費の向上を図ると言われていますが、こうしたハイブリッド技術の小型化・軽量化・高効率化というのは、最近ではレクサスの新型「ES」でも行われており、その付加価値としてドライバのアクセル操作に即応し、さらにスムーズで伸びのある自然な加速感を実現することができると言われています。
ただ、その一方でモータ本来から得られるシステム出力とトルクは、小型化されたことで若干パワーダウンとなるものの、この辺りは軽量化によってパワーウェイトレシオ比を低くすることが目的になっているのだと思われます。

安全装備については、次世代予防安全パッケージ等の新型「クラウン/アルファード/ヴェルファイア」といった上位モデルに適用されるToyota Safety Senseのアップグレード版として適用される可能性が高いとして大きな期待が寄せられていますが、この辺りは実際にディーラに訪問して確認したいところですね。

☆★☆「プリウス」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:ベストカー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう