VW・次期「ゴルフR」には5気筒エンジンが採用されることが判明。よりパフォーマンスを高め400馬力以上発揮か

久々に次期「ゴルフR」の開発車両が搭乗

フォルクスワーゲンの次期スポーツハッチバックモデルとなる「ゴルフR」の開発車両が目撃されていますが、どうやらこの個体に搭載されるエンジンが排気量2.0L 直列4気筒エンジンではなく、5気筒エンジンが搭載されることがわかりました。

今回目撃されている開発車両は、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにてテストドライビングを実施していますが、フロントに装着されるナンバープレートを見てみると、昨年目撃されているR420テストカーと全く同じであることから、外観については特に大きな変更は施されないと考えられます。

スポンサーリンク

次期「ゴルフR」は5気筒エンジンでほぼ濃厚に

そして気になるエンジンですが、これはアウディのハイパフォーマンスモデル「RS3」にも採用の排気量2.5L 直列5気筒エンジン(+マイルドハイブリッドも?)を搭載することがほとんど濃厚で、駆動方式は四輪駆動(AWD)、最高出力400hp以上というとんでもないスペックを発揮することが予想されます。

ただ、それ以外の詳細となる情報は全く得られておらず、ボディのスタイリングやフロントデザイン、インテリアについては一切情報が展開されていない状態です。

ボディカラーは相当充実に

ちなみに、次期「ゴルフR」では、ボディカラーの選択の幅が拡大することが判明しています。
聞くところによれば、ユーロ仕様のScirocco Mk3にてデビューし、その後ランボルギーニでも採用されたViper Green Metallicを含む、フォルクスワーゲンの最新プログラム・Spektrumプログラムを導入することで、40種類のボディカラーから選択することが可能となります。

具体的には、ノガロ・ブルーやカリビアン・グリーン、バイオレット・タッチメタリック、ブロンズ・オレンジメタリックといった何とも特殊なボディカラーがラインナップされ、これらのボディカラーは約28万円のオプション費用にて対応可能とのこと。

☆★☆フォルクスワーゲン「ゴルフR」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう