メルセデスベンツAMG「GT Black Series(ブラックシリーズ)」の開発車両をキャッチ。エンジン出力は600馬力を優に超える?!【動画有】

AMG「GT」のハイパフォーマンスモデルが登場?

ドイツ・ニュルブルクリンクにて、メルセデスベンツAMG「GT」のハイパフォーマンスモデル「GT Black Series(ブラックシリーズ)」と思われる開発車両が目撃されています。
この個体は、2020年まで登場する予定は特に無いものの、デザイン的には「GT R」よりも過激で攻撃的なフロントバンパーを持ち(パナメリカーナ・グリルを採用)、明らかにローダウン化された車高、ワイドなボディラインが特徴的となっています。

フロントノーズやルーフ、サイドドアパネルにはイエローのデカールが貼付されていますが、これが一体何を意味するものなのかは不明(市販モデル用の特別デカール?)

スポンサーリンク

エンジン出力は「GT R」以上になる可能性も?!

こちらはリヤデザイン。
恐らくカーボンファイバ製と思われる大型リヤウィングを搭載し、空力特性の向上を図っています。
車体重量については今のところ不明ですが、レンジトッピングモデル「GT R」の1,650kgよりも軽くなると思われます。

パワートレインは、恐らく「GT R」とおなじ排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力600psを発揮することが予想されますが、噂によれば更に強力な650psを発揮する可能性もあるとのこと。

【NEW 982 CAYMAN GT4 CS & AMG GT RS (or Black Series) Ring Record attempt!】

☆★☆「AMG GT」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう