フェラーリ・次期「488」ハイブリッド版の開発車両をキャッチ。やっぱりあのエンジン搭載しちゃう?【動画有】

定期的に登場するフェラーリハイブリッドモデルの開発車両

ドイツ・シュトゥットガルトにて、フェラーリの次期「488ハイブリッド版」と思われる開発車両がキャッチされています。
このハイブリッドエンジンを搭載する次期「488」は、「ディーノ488ハイブリッド」と呼ばれており、搭載されるエンジンはV8ツインターボから更にダウンサイジング化されたV6ツインターボエンジン+電気モータによる最新ハイブリッドシステムを採用する予定となっています。

もちろん、具体的なスペックは不明ですし、「ラ・フェラーリ」に採用のHY-KERS(ハイカーズ)システムとはどのように異なるのかもわからない状況ではあるものの、「488GTB」よりもパワフルで電化によるアシストでのトルクフルな走りを提供することは確実と言われています(システム出力700psを超える可能性は十分に高そう)。

スポンサーリンク

「488」の後継でも置き換えでもない更なる上位モデル

なお、今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、テスト車両のベースは「488GTB」そのものにホワイトのラッピングがフロント・リヤエンドに施されているため、形状はある程度変更されると思われます。

ちなみに、今回目撃されている個体は「488GTB」の”後継モデル”でも”置換え”でもない、”更なる上位モデル”に位置する新型ミドシップスーパースポーツモデルになることが以前から判明しています。
これは、公式フェラーリチャットでのやり取りにおいて発覚したもので、正式に「488GTB」の後継モデルではないと否定されており、昨年9月にフェラーリが説明していた「2段ミドシップ(ハイブリッド)エンジン製品群」の一つであるとのこと。

その他の機能性においては、革新的なインストルメントクラスターとヘッドアップディスプレイ、新しいステアリングホイール、最先端のインフォテイメントシステムを備えたインテリアになるとのことで、今までにない先進的で利便性を向上させた万能型のスーパースポーツモデルになることが期待されています。

【Ferrari Dino 488 Hybrid 2019 – barely disguise prototype】

☆★☆次期「488」ハイブリッド版関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう