ランボルギーニ「ウルス・ペルフォルマンテ」が登場したら?というレンダリングが登場。納車した「ウルス」をクロームラッピングに仕上げた変態が登場【動画有】

「ウルス」にペルフォルマンテが登場したら?

ランボルギーニが販売するSSUVモデル「ウルス」を、同社ハイパフォーマンスモデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」のようなモデルに仕上げたら?というユニークなレンダリングが公開。

名前はそのまま「ウルス・ペルフォルマンテ」となるものの、フロントエンドやサイドスカート、リヤディフューザーにがっつりとカーボンファイバエアロパーツを装備(フォージドコンポジットではないのが不思議)し、フロントエンドデザインはほとんどグロスブラックもしくはカーボンファイバによって大きく表情が変化していますね。

スポンサーリンク

「ウラカン・ペルフォルマンテ」並の過激な仕上がりに

フロントボンネットやフロントフェンダーにはエアダクトが設けられ、リヤにはしれ~っとカーボンファイバ製リヤウィングが装備されて、巨大なダウンフォースを発生する仕組みを構成しています。
足元のホイールは、「ウラカン・ペルフォルマンテ」に倣うセンターロック式でY字型のマルチスポーク鍛造ホイールを装着し、ブレーキキャリパはイエローと中々にスポーティな仕上がりに。

パワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、エンジンチューニングにより、最高出力650ps→670psぐらいまでパワーアップしているかもしれません。

 

View this post on Instagram

 

Lamborghini Urus Edizione S by E.Milano™ UAE – 📧info@emilano.com

d i s e g n o d i E. Milano™さん(@e.milanodesign)がシェアした投稿 –

「ウルス」納車後即カスタムした変態オーナー現る

こちらは、ガムボール3000(GUMBALL 3000)にてクロームラッピングに身を纏ったランボルギーニ「アヴェンタドールSVロードスター」にて登場した弁護士サロモン氏の「ウルス」。
納車したばかりの個体を早くもクロームラッピングにカスタムし、あらゆるフレームポイントに電飾を装備することで、日本の改造車のような仕上がりになっていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なおサロモン氏は、「ウルス」以外にも世界限定900台のみ販売された「アヴェンタドールSVJ」もオーダー済みとなっています。

【Lamborghini Urus DONUTS!】

☆★☆「ウルス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution①, autoevolution②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう