遂に来た。ランボルギーニ工場付近にて「アヴェンタドールS」の開発車両を捕捉

20161202_2_s

以前の記事にて、ランボルギーニ「アヴェンタドールS」のレンダリング画像が公開されました。
今回、早くもその「アヴェンタドールS」の開発車両がランボルギーニ本社工場近くにてテスト走行しているところを捕捉されました。

関連記事:意外とシンプル?ランボルギーニ「アヴェンタドールS」のレンダリング画像が公開に

スポンサーリンク

ボディカラーはジアッロ(黄)系となっていますが、フロントフェイスからサイドスカート、リアにかけてカモフラージュが施されていますね。
ホイールは、ブラックペイントなどの処理がされていないフロント20インチ、リア21インチの鍛造ホイール。

20161202_4_s

また、リアを確認していくと、レンダリング画像と同様に中央に3本出しマフラとなっていますね。
なお、以前の記事にも記載した通り、「アヴェンタドールS」の仕様にてわかっていることは、最高出力が740馬力であることと、「チェンテナリオ」と同様の4WSとセントラルコンソールの追加、更にはアクティブエアロといったところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう