君はいくつわかる?2つの自動車メーカをマッシュアップさせたスーパースポーツ達

2社以上のマッシュアップモデル。君はいくつ答えられる?

自動車メーカは、新型車の研究開発費と生産費用を削減するために、特定のプロジェクトにおいては他の自動車メーカとパートナーシップを提携することが多くなっています。
自動車メーカ間の提携にて最も最近の例で言えば、BMWの新型「Z4」とトヨタの新型「スープラ」が最もわかりやすいかと思いますが、エンジンやプラットフォーム、インテリア機器類はBMWが供給しており、各モデルのデザインはBMWとスープラが独自で取り組んでいるという流れになっています。

ただ、各自動車メーカの設計思想やデザインを一つにマッシュアップするといったことは(OEMを除いて)中々無いのですが、こうした架空のマッシュアップモデルを保険会社であるBudget Directが何故か作成。

スポンサーリンク

早速マッシュアップモデルを見ていこう

パッと見フェラーリ…だけど?

例えば、上の画像は、ベントレー「コンチネンタルGT」×フェラーリ「812スーパーファスト」のマッシュアップモデル。
ちょっと違和感のあるデザインではありますが、「812スーパーファスト」のデザインを大きく取り込み、ベントレー「コンチネンタルGT」のホイールやフロントエンドグリルとリヤハッチをナチュラルに組み合わせているのだとか。

パッと見ですぐにわかってしまうぞ!BMW&ランボルギーニ

こちらはBMW「i8」とランボルギーニ「アヴェンタドールS」のいマッシュアップモデル。
何とも無理やり過ぎるデザインではありますが、何故か憎めないこのデザイン。
フロントヘッドライトとフロントエンドのキドニーグリル、そしてフロントボンネットはBMW「i8」を取り込み、フロントエアインテークや全体的なスタイリングはランボルギーニ「アヴェンタドールS」を取り込んでいますね。
あと、なぜか足元のホイールはランボルギーニ「ウラカン」の20インチGIANOホイールという不思議。

何となくわかるのはシボレー。あとは何?

こちらはアメ車のコラボレーションとなるシボレー「カマロ」とダッジ「ヴァイパー/チャレンジャー」のマッシュアップモデル。
パッと見シボレー「カマロ」感が強いフロントデザインですが、全体的なマッスルスタイリング(特にホイールアーチとか)はダッジ「チャレンジャー」、そしてフロントエンド部分のライト以外の部分は「ヴァイパー」を取り込んだ、ちょっとわかりにくいマッシュアップデザインですね。

ん?これは何が合体したんだ?

これは結構わかりにくい組合わせかも?
コチラはフォルクスワーゲン「ビートル」とフォード「フォーカスRS」のマッシュアップモデルとなります。
フロントグリルやフロントヘッドライト、そして足元のホイール、リヤウィングはフォード「フォーカスRS」で、こんもりとした全体のスタイリングはフォルクスワーゲン「ビートル」を取り入れていますね。

これは結構わかりやすい。ポルシェ&日産

こちらは日産「GT-R」とポルシェ「911」のマッシュアップモデル。
フロントヘッドライトとフロントエンドのVモーショングリル、そしてアングルルーフは日産「GT-R」で、それ以外のポイントはポルシェ「911」となっています。
個人的にアリか無しかで言ったら無しですが、スタイリッシュでスポーティなクーペに様変わりしています。

見た目はスマート。だけどフロントは…?

最後はビッグ&スモールのコラボレーションモデル。
スマート「フォー・ツー・カブリオレ」とランドローバー「レンジローバー」のマッシュアップモデル。
コンパクト過ぎるスタイリングは「フォー・ツー・カブリオレ」ですがそれ以外のライトとフロントグリルなどはランドローバーイズム。
意外と好みの一台です。

☆★☆マッシュアップ/合体レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう