日産会長のカルロス・ゴーン氏が報酬額過少申告により逮捕へ。内部告発の可能性高く、会長解任の恐れも

日産CEOのカルロス・ゴーン氏他が逮捕

「やっちゃえ日産!」のキャッチコピーでお馴染みの日産自動車会長であるカルロス・ゴーン氏とグレッグ・ケリー代表取締役は、実際に開示される同CEOの報酬額を少なくするために、敢えてそれよりも低い金額にて有価証券報告書に提出していた、つまり過少申告していた疑いで東京地検特捜部は、金融商品取引法違反容疑にて逮捕したとのこと。
過少申告により、実際に虚偽していた金額は相当なものと思われますが、間違いなく数億円単位に上るものと思われます。

スポンサーリンク

以前から問題視されてきたCEOの過剰報酬

カルロス・ゴーン氏は、1999年にルノーから最高執行責任者(COO)として派遣され、翌年には社長として就任。更にその翌年には社長兼CEOとなり、2005年にはルノー社長も務める等とにかく敏腕社長として活躍してきました。
しかし、その一方で同CEOにて支給される報酬はトップレベルで高額であったとされ、その都度問題視されてきましたが、今回の過少申告も日産自動車の内部通告を受けて、数か月間の調査を行った末に明らかになったとのこと。

なお、この問題以外にもカルロス・ゴーン氏とグレッグ・ケリー氏は日産の資金を私的に支出するなどの複数の不正も行っていることが発覚しており、その金額についても詳しく調査していくとのこと(おそらく数億円レベル以上になるとの噂も)。

今回の問題発覚により、カルロス・ゴーン氏は間違いなく会長を解任することが確定するでしょうし、数々の不正に関わってきたグレッグ・ケリー氏も取締役を解任することは確実だと思われます。

☆★☆不正問題関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:朝日新聞

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう