ロシアのプーチン大統領専用車であるAurus「Senat」が発売するも2019年~2020年分は完売。欧州デビューは2019年3月ジュネーブMSにて

あのプーチン大統領専用車両が販売スタート→予想以上の売れ行き

ロシアのプーチン大統領の専用車両であり、同国の高級自動車メーカ・Aurus(アウルス)が販売した最新フラッグシップセダンモデル「Senat(セナト)」が販売スタートしましたが、早速2019年~2020年の生産分が完売となったことが明らかとなりました。

スポンサーリンク

価格は意外とリーズナブルな約1,700万円から

20年前までは、まさかロシア大統領専用車両になるとは思ってもいなかったアウルスですが、今となってはロールスロイスのような立ち位置にまで上り詰めた超高級車メーカ。

「セナト」自体は、ロールスロイスに比べて約1,700万円程とそこまで高額ではないものの、NAMIロシア国家科学研究センターによって開発されたモジュラープラットフォームを採用するなど、その品質の高さはプーチン大統領お墨付きとなっています。
一般ユーザー(それでも超富裕層)の先行予約は約2年程前からスタートしていた「セナト」ですが、ラインナップモデルとしてはセダンモデルとリムジンモデルの両方を生産することになっています。

上記にもある通り、2019年~2020年分は既に完売しているとのことですが、情報によれば2019年分は約120台生産され、2020年分は生産能力を向上させ、さらにその台数を増やしていくとのこと。
なお、初期ロットの半分は主要なバイヤーや連邦保護局、高官の国家当局へと既に納車されています。

当初の販売の大部分はロシアとなりますが、Aurusは個人顧客へのアピールも兼ねており、「セナト/セナト・リムジン」共に来年3月に開催するスイス・ジュネーブモーターショー2019にて欧州デビューする予定となっています。

☆★☆プーチン大統領専用車関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう