ダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」が大炎上。ギアボックスそのものが影響しているとの情報も【動画有】

久々の「チャレンジャー」大炎上

ドラッグレース向けに特化した世界限定3,300台のみ販売のダッジ・ハードコアモデル「チャレンジャーSRTデーモン」が、フロントボンネットから大きな炎を上げて燃えています。
幸いにも、今回の大炎上によるけが人はいませんでしたが、車両の方はエンジンや外装、内装に至るまでかなり燃えてしまっています。

スポンサーリンク

火災の原因はトランスミッション?

火災現場に到着した救急消防隊の情報によると、トランスミッションに不具合があった可能性が高く、これにより液漏れが発生して高温部に接し発火の原因を作ってしまったのでは?と言われています。
火災の原因はまだまだ調査中とのことですが、もしかするとこの個体にて標準装備される8速ATギアボックスがエンジンに極度のストレスを与えている恐れがあるかもしれません。

そうなると、そもそもの設計に問題があった可能性もありますし、ギア比が上手くマッチしていないことも考えられるため、これまで出荷された3,300台全てをリコールにて対応するにはかなり難しい問題になってくるかと思います。

【Dodge demon randomly caught fire】

☆★☆「チャレンジャーSRTデーモン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう