とりあえず行先はニュルブルクリンクで!大阪にて、FF最速ホンダ「シビック・タイプR」の個人タクシーが登場

2018-11-23

まさかの「シビック・タイプR」のタクシーが登場?!

以前、東京都内にてレクサスのハイパフォーマンスモデル「GS F」のタクシーが目撃されていましたが、今回は大阪にてニュルブルクリンクFF最速を記録したホンダ「シビック・タイプR」のタクシーが登場しています(ナンバープレートは業務用車両を意味するグリーンにホワイトの文字、おまけに”なにわ”ナンバー)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

もはや違和感しかない「シビック・タイプR」タクシー

今回登場している個体は、歴代のタイプRにて受け継がれてきた「チャンピオンシップホワイト」のボディカラーに身を纏った一台で、基本的にはノーマルで扱われている個体なのですが、ディーラオプションにてフロントエンブレムの真上にあるレッドのパーツ「フロントグリルガーニッシュ フレームレッド(税込32,400円)」を装備しているあたり、かなりの拘りをもったドライバさんではないかと思われます。

サイドから見た「シビック・タイプR」のタクシー。
足元には大口径20インチで低扁平仕様のブラックペイント処理したアルミホイールと、超強力なブレンボ製ブレーキを装着。
どうしても急いでいる方は、FF最速「シビック・タイプR」の足回りを信じて乗ってみましょう。
ルーフにはタクシーの象徴でもある車名表示灯が配置されていますね。

リヤから見た「シビック・タイプR」のタクシー。
インテリアは安定のレッドとブラックのスポーツシートを採用しています。
ルーフの車名表示灯を見てみると”5割引き”と表記されていますね。これはかなりお得かも。

リヤマフラもしっかりとセンター3本だしとなっています。
とりあえずこのタクシーを見つけたら、真っ先にドイツ・ニュルブルクリンクサーキットへと行先を告げ(無理であれば兵庫県のセントラルサーキットへ)にてFF最速の走りを体感してみたいですね。

【追記】
こちらのタクシーは個人タクシーということで、予約も多いみたいです。
ちなみに大阪市内等で”空車”且つ「なにわ300 あ 52-51」グリーンナンバーの「シビック・タイプR」を目撃したらすぐさま手を挙げましょう!

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事6選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう